離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚における強制執行の各種条件

離婚における強制執行の各種条件

日本では歴史的に離婚問題に弁護士が介入することは比較的少数例でしたが、最近では泥沼化するケースなど様々な理由で双方弁護士を立て競技するというのが一般化してきています。

そんな中、裁判の大きなタームとなっているのが、強制執行という言葉です。これは離婚前に取り決めた慰謝料や財産分与、また療育費などの不払いが多くなってきたことにより、多くは女性側が男性側に支払いを求めて起こすものです。しかし、一般に交わされるいわゆる「離婚協議書」は法的な権限を持たないので、それを根拠に強制執行を求めることは出来ません。法的な証拠として取り扱われ、その後は裁判により争うことになります。これは非常に長引く傾向にあるので、このようなトラブルを避けるためには、別れる前に公正調書を残しておく必要があるでしょう。これは公正役場で発行される法的な権限を持つ書類で、慰謝料や療育費などその後の各種条件などを取り決めておくことが出来ます。先の離婚協議書と異なる点は、この公正調書自体が法的な権限を持つので、裁判を介さずに直接強制執行を求めることが出来ます。

慰謝料や療育費の不払いはその後の大きなストレスや経済的問題を引き起こすので、しっかりと公正役場で認められた公正調書として形に残す必要があるでしょう。

 

 

離婚の際に取り決めた慰謝料や療育費などの各種条件を、一方的に破棄するといった事例が増加しています。これは昨今の離婚率の上昇に伴って比例的に増えてきており、女性の貧困化を招く重篤な問題だと認識されています。

通常そのような契約不履行があった場合、弁護士などを通して協議を行い強制執行も場合によればありえますが、これらのケースではやや難航しがちです。強制執行とはイメージでは「差し押さえ」などという言葉が一般的でしょう。借金や会社の倒産などと同じく、行政機関が権限を持ち債務者の財産・預貯金などを強制的に没収することが出来ます。これにより立場の弱かった女性が救われるというようなモデルケースも確かに存在しますが、どれだけ客観的に女性が正しくてもすぐに行政に強制執行を執り行ってもらえる訳ではありません。

ここでは強制執行に至る条件について見ていきます。実際に強制執行を行うには、公正調書などの執行力の伴った書類を作成していない場合、弁護士や裁判所に判断を仰ぐことになります。裁判により、調停調書や和解調書を作成してもらえれば、国の強制執行により財産の差し押さえなどかなり強い権限を行使することが出来ます。これら調停調書や和解調書とは裁判所で発行される正式な書類で、すでに裁判所で和解や合意に至ったと証明するものです。これらの作成を持ってやっと強制執行に至ることが出来ます。

 

 

離婚の際、どちらか一方が大きな原因となった場合慰謝料や財産分与など経済的な負担を強いることがあります。その他にも療育費や親権などでも離婚の責任のあった方がより重い負担を背負うことになります。しかし弁護士を介してこれらを取り決めたからといって、安心は出来なくなりました。これら一連の費用を支払わないというケースが増えてきたのです。

経済的事情の変化などが理由になるだけでなく、相手の泣き寝入りを狙ってそもそも払う気がないなど悪質なケースもあるのが実情です。そのような際には弁護士に相談し、強制執行を執り行ってもらうことが出来ます。

これは離婚協議の際、公正役場の発行する公正調書が根拠となるケースや、裁判所による命令が根拠となるケースなどがありますが、実際の強制執行となると様々な条件が存在します。強制執行は非常に強い法的な力を持つので、給料を事前に差し押さえたり不動産や車などの財産を没収することが出来ます。しかし強制執行と言えども相手の全ての財産を没収することは出来ません。

今後継続的に返還を求めるためにも相手の生活の基盤を崩すわけにはいかず、また人権等の問題でもやはり多くの制限があります。具体的には給与では4分の1までしか没収することが出来ません。療育費の場合には少し条件が異なりますが、どちらにせよ強制執行を行う際には各種条件がつきまとうのは事実です。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ