離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 母子家庭が利用できる各種公的支援制度

母子家庭が利用できる各種公的支援制度

最近では離婚も特別なことではなくなり、まずまずその数は増えていっています。その中で比例して増加しているのが貧困家庭の増加です。主には離婚してシングルマザーになった女性が、深刻な貧困にあえぐというケースが多く見られます。協議の際に弁護士などを介して慰謝料や療育費を請求しても、相手側の一方的な契約不履行により泣き寝入りをするというケースも多いのです。

そうしたことも重なり、母子家庭がますます貧困化する傾向にありますが、そうした状況を鑑み最近では様々な公的支援が用意されています。

一般的に有名なのは児童手当ではないでしょうか。これは18歳未満の扶養児童がいる母子家庭に支給される公的支援で、一部の自治体では父子家庭でも支給されます。さらに別居期間中でも療育費の支払いがない場合には手当を受けることが出来るので、シングルマザーにとっては非常に頼もしい制度となっています。その受給者数は年々伸びており、統計局のデータでは平成24年度で700万人以上に及びます。

これからは女性の社会進出によりこの数値は落ち着いていくとも予想されていましたが、実際はそれ以上に離婚率も上昇し、シングルマザーの割合も増えていっているので、今後児童手当等にかかる社会保障費は増大が懸念されています。

無くなるということは現実的ではありませんが、しっかりと弁護士などに相談し前夫から養育費を受け取る必要があります。

 

 

離婚率の増加でシングルマザーの家庭が年々増えており、それに伴い各種社会保障も増加しています。療育費や慰謝料未払の弁護士相談も増加しており、社会問題として徐々に認識された結果です。母子家庭向けの公的支援には児童手当や場合によれば生活保護なども考えられますが、就職に関する支援も立派な公的支援として働いています。

母子家庭は時間的な条件が厳しく、一般に企業は積極的な採用を見送ってきました。これは同時に長く専業主婦を続けていた女性が、昨今の高度な職業能力を身につける機会を失っていたということも原因となります。

そのため行政では「母子家庭自立支援教育訓練給付金」という制度を打ち出しています。これは女性(父子家庭の場合は男性も適用可)が職業訓練を受ける費用を保証する制度で、経費の20パーセントが支給されます。受講する講座などは行政や自治体からの指導を仰ぐ必要がありますが、女性にとっては強い見方です。その内容も介護福祉士などの介護系資格から美容師などの美容系資格まで幅広く取りそろえられています。

これらの技能を身につけることにより、女性の経済的な自立を促そうという構えです。しかしこれら公的支援は離婚した前夫がその責任を負うはずなので、弁護士などにもしっかりと相談し、泣き寝入りなどはしないようにしてください。

 

 

母子家庭の貧困化が深刻な状況になり、弁護士などにも多くの離婚やその後の相談が寄せられています。それら弁護士の相談は慰謝料や療育費の不払い等悪質なケースもあり、多くの女性が被害を受けています。離婚する夫婦の数も増加してきており、状況はますます深刻化しています。

そんな中、各種公的支援を利用する数も増えています。児童手当など直接的な金銭支援だけでなく、それら公的支援には住居に関することも多く存在します。

母子家庭には公的住宅の入居を優先する事ができたり、また介護家庭ではホームペルパーなどの派遣も行えます。東京都が率先して行ってきた取り組みでは母子アパートというものがあります。

これは母子家庭に向けて都が安価で空き家などを斡旋することで、相場よりも安値で入居することが出来ます。この動きは徐々に広がってきており大阪やその他の都道府県でも採用を検討しています。

その他にも医療費を優遇する制度や交通機関を無料で利用できたりなど、母子家庭を支える社会体制は徐々に出来上がってきています。また税制面でも各種控除が用意されており、負担額は少しずつではありますが減ってきてはいます。

しかし、まだまだ根本的な貧困解決には至らず、今後に多くの課題を残しているとも言えるでしょう。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ