離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 養育費がもらえない場合

養育費がもらえない場合

 

・養育費を強制的にもらいたいなら

離婚をした場合、親権を得た母親は、養育費をもらって子どもを育てるということも多いです。

しかしそうした約束をしたはずなのに、離婚をした父親が、きちんと継続して養育費を支払っていないという場合も多いのです。実は全体の80%ほどが養育費を支払っていないという調査結果もあります。

 

そういう場合、法律に訴えることで養育費を支払わせることができます。仮に、相手は元夫、として進めます。
まずは履行勧告というものです。利用は無料で、家庭裁判所が、書面や口頭で元夫に支払うよう要請します。

 

そして履行命令です。これを無視した場合は、元夫は10万円支払わなければなりませんが、これは奥さんにはいるわけではないので、どうせやるのなら強制執行をしたほうがいいかもしれません。

 

強制執行は、手続きに数万円かかる場合もありますが、銀行口座の差し押さえをしてもらうことができます。勤め先もわかっていれば、給料から天引きすることもできます。

 

しかし、元夫が仕事も口座も変えてしまっていてわからない場合には取り立てられませんから、そういうときは、弁護士に間に立ってもらって、そうした情報の収集をしてもらうといいです。手続きに不安のある人は、最初から弁護士に代行してもらうということもいいでしょう。

 

養育費はもらえなくなる場合もある

離婚をした際、子どもの引き取るのが母親の場合で、さらにパートなどで収入を得ていこうとしていた場合、子どもを育てるのに大きな負担となります。それが問題で離婚に踏み切れないということもあります。

離婚の際に慰謝料をもらっても一時的な収入ですから、やはり継続的な養育費というのは欠かせない収入源です。

しかし、支払わない父親もいます。こちらも生活がかかってて大変なんだ、というだけで、いつまでたっても払わなくなってしまうとどうしようもありません。

その場合は、弁護士に相談するなどして強制的に支払ってもらうための手続きをするといいでしょう。自分でやってもいいのですが、支払うようにという要望を充分伝えたあとなら、弁護士と一緒に法に訴えてしまったほうがすみやかに進められます。

 

ですが経済的に元夫が困窮してしまった場合はちょっと状況が違ってきます。無職になって収入がなくなってしまうと、口座をおさえても意味がありません。また刑務所に入ってしまった場合なども支払いが困難になりますので、子どもの養育費をもらうということで交渉をして離婚をしたとしても、場合によってはもらえなくなってしまうという可能性があることを知っておかないと、生活に苦しむことになるでしょう。

 


養育費事情を知るためにも弁護士は必要離婚をして、親権を持つのは母親であることが多いですが、母親が子どもを引き取れば、かならず養育費がもらえるというわけではありません。

 

まず、離婚をした理由によるものです。父親が不倫をしたなど、父親に問題がある場合は養育費の支払いはしてもらえます。しかし母親に問題がある離婚の場合は、子どもを引き取ったとしても養育費の支払いはされないということもあります。また、女性は慰謝料を支払わないと勘違いをしている人もいますが、そんなことはなく、どちらにも支払い義務はあります。

 

また、経済的な状況の違いもあります。母親のほうがはるかに収入が多い場合は、養育費が支払われない場合があります。養育費の額というのは、おたがいの経済状態によって変化するものですから、平均の金額というものはありますが、あくまで参考価格ということになるでしょう。

そうした事情は離婚前に知っておくべきことですから、ついつい離婚前には、離婚をどのようにするかということだけで弁護士を介入させるかどうかという考えになってしまいますが、離婚後にどうなるのかといういろいろな情報を聞くためにも、弁護士を利用し、ありえるトラブルに関していろいろと聞いておくべきです。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ