離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 子供の心が一番

子供の心が一番

①離婚というのは夫婦だけの問題ではなく、子供にとっても重大な問題です。子供が家族で暮らしたいと思っていても、両親が離婚すると決めればそれに従うほかありません。離婚する事が決まれば、生活も一変します。両親に弁護士が付いたり、その弁護士に「お父さんとお母さんどちらと一緒に暮らしたいか」などという選択も迫られるのです。これが子供の心にとって良いはずがありません。

子供にどちらと暮らすかという選択をさせるのは、言い方を変えれば、どちらかを捨てるという事にもなります。物心がついた子供には一生消えない傷となり、思春期にこのような選択を迫られると、人間不信に陥ることにもなりかねません。そのまま大人になると、自分はあんな思いを子供にさせたくないと、結婚を躊躇する原因になるかもしれません。離婚がもつれれば両親にとっても辛い期間が長くなるのですが、子供はそんな両親の姿を見続けることになり、心の不安定さから不登校になる子も少なくありません。

子供にとって両親はとても大切な存在です。子供に負担のかからない離婚の進め方を弁護士と相談し、家族全員が納得のできる離婚ができるようにしなければいけません。子供の心を一番に考えましょう。

 

②離婚はタイミングが大事です。それは当事者の夫婦ではなく、子供の成長のタイミングです。

両親は離婚でもめた場合、双方に弁護士をたてて離婚の準備を進めます。円満に早く離婚が成立するようにと頑張りすぎ、子供の心を忘れがちです。両親の離婚で一番の被害者は子供です。両親が離婚するということだけでも子供の心は不安定になりますが、タイミングを間違えると大きな傷を残すことになります。タイミングというのは、子供の進学などです。幼稚園から小学校に進学するときに両親が離婚をしたらどうなるでしょう。ただでさえ学びの環境が大きく変わることに不安を抱える時期です。中学校から高校への進学の時期も同じです。高校は受験があるので、このタイミングでの離婚はとても気を使わなくてはいけませんし、できれば避ける方が子供の為です。子供は環境が変わることにとても敏感です。不安を口に出さない子の方が、心に抱える問題が大きいとされています。受験の成功や失敗は、自分の人生を大きく左右することになる問題です。その時期に、両親の離婚で弁護士に話を聞かれたりして、思うように勉強に集中できなかったとしたらどうでしょう。自分たちの事ばかりでなく、子供の人生を考えてタイミングを重視しましょう。

 

③離婚が成立するまでには長い時間がかかり、親権などでもめると弁護士も必要になります。親と子供の面会などの決まりも双方で決められれば一番良いのですが、母親が親権を持ち、父親に子供を会わせたくないとなると、それも弁護士に間に入ってもらって決めることになります。しかし、いくら母親が会すのを拒否しても、父親も子供の成長が気になるものです。子供もきっと父親に会いたくなるでしょう。定期的に少しの時間でも面会の機会を設けることは、子供の心に安定をもたらします。「両親は自分の事を大事に思っていてくれている」と心に残るでしょう。もし面会がなければ、自分が両親に迷惑をかけたから、自分のせいで両親が離婚してしまったのではないかと思ってしまうのです。子供は両親の離婚の原因をはっきりとは知らない事が多くあります。両親は子供の為を思って、理由を言わないのですが、子供は自分なりに理由を考えます。その時に自分を責めてしまう子がいます。離婚をしてからも子供の心を一番に考えて、子供にとってはいつまでも素敵な親でいるように心がけることが大切です。

夫婦で決めた離婚ですが、子供の心に寄り添って最後まで親の責任を果しましょう。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ