離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚後の面会交流が制限されるケース

離婚後の面会交流が制限されるケース

離婚件数の増加に伴い、母子家庭や父子家庭が増えています。その際にトラブルとなりがちなのは子どもとの面会交流の問題です。法律相談所などに寄せられるトラブルでは、親権を持つ親が監護者にならなかった親(親権を持たない親)と子供の面会を制限して欲しいと願い出る事ができます。しかし、これは一方的な理由で認められるものではありません。監護者とならなかった親も当然子供に会う権利を有しているからで、それを一方的に制限することは出来ないのです。

大抵の場合、離婚に際し弁護士などと共に離婚協議書を作成し面会の頻度などを決定します。基本的にはこの協議書にそって面会を行うのですが、子供に対して悪影響があると認められた場合、面会を制限することが出来ます。

この場合の悪影響とは暴力など直接的なものから、素行不良など間接的に子供によくない影響を与えるとされたことを意味します。その際には弁護士などを通して、最終的には家庭裁判所の判断を仰ぐことになります。精神的に非常に苦痛になるものですが、もし認められたならば法的な強制力を持って子どもとの面会を制限出来るようになります。これは前夫の暴力被害に会っていた母子家庭などには非常に重要な制度ですが、話し合いの際には弁護士などの仲介者を立てる必要があります。

 

 

離婚した夫婦に子供がいた場合、親権を持たない親は子供に定期的に会う権利を与えられるのが一般的です。これは面会交流権といい、弁護士などを交えた離婚協議で決定されることが普通です。しかし、何らかの問題が生じたことによりこの面会交流が制限されることがあります。個別の事例は弁護士や家庭裁判所の判断によりますが、代表的な例を見て行きましょう。

例えば面会交流権の乱用が問題となることがあります。面会交流を行う権利は当然親ならば必ず付与される権限ですが、面会の際に前夫・前妻に復縁を迫ったり金銭を迫ったりするなどといった行為を行うと権利を剥奪される可能性があります。これがいわゆる面会交流権の乱用とされる事例で、弁護士などを通して訴えれば家庭裁判所で正式に認められます。

また面会の際に子供に悪影響を与えても面会交流が制限される可能性があります。例えば過剰な小遣いを与えて気を引こうとしたり、子供の成長に良くないと客観的に判断が下されれば面会交流権が剥奪されます。

このように面会交流権は親ならば有している権利ですが、法律上一番重要視されているのは子供の権利です。親のエゴや感情でいくら会いたいと思っても、子供に悪影響であると裁判所に判断されれば決して会うことが出来なくなってしまいます。

 

 

離婚をした際には財産の分割や慰謝料などが問題になりますが、中でもデリケートなものが親権です。子供のいる夫婦ならどちらかに親権が渡ることになりますが、親権を持つことが出来なかった親にも子どもと会うことの出来る権利があります。面会交流権と呼ばれるこの権利ですが、親の一方的な感情で行使できるものではありません。暴力やその他の不良行為などはもちろん、子供の影響を鑑みてこの権利が制限されるケースがあります。

弁護士や裁判所の判断によりますが、例えば子供が思春期に入り離婚した片方の親に定期的に会うことが心理的な負担になると想定される場合にはこの権利が制限されます。

その他にも面会交流が制限されるケースがあります。例えば療育費の不払い等も面会交流権の剥奪となる場合があります。十分な支払い能力があるのに療育費を支払わないということは、子供に対する愛情が無いと判断されてしまうのです。その際には親権を持つ方が弁護士などに相談し、家庭裁判所から面会交流権の剥奪が宣言されることになります。また定期的な面会日では無いのにも関わらず、勝手に子供に会ったりする行為も重篤な契約違反なので、面会交流権の剥奪を招く行為に該当します。

このような大人の世界の権利関係は子供にとっては非常に大きな不安を招くことになるので、何よりも子供の心理状態を考慮することが重要です。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ