離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚を選択する主な要因とは

離婚を選択する主な要因とは

"離婚に至る主な原因の一つに、性格の不一致というものが挙げられます。

恋は盲目とはよく言ったもので、恋愛時代に気づくことのなかった些細なことが気になったり、逆に、素敵だなと思っていた部分が結婚をしてみると嫌だなと思う部分に変わったりするのです。

 

例えば、デートの時はいつもおごってくれ、気前の良い彼だったとしましょう。

友達も多く、誰からも慕われる、そんな彼の人柄に魅かれて結婚をすると、時として、交際費と称してあればあるだけお金を使ってしまったり、友人知人との付き合いを優先して家庭をかえりみない夫になってしまう可能性もあるわけです。

 

性格の不一致の場合、お互いにやり直す気持ちがあれば結婚生活を続けられる場合が多いですが、特に女性側が仕事を持っている場合は自分で収入を確保している分、離婚を選ぶケースが増えます。

 

喧嘩が増え、家庭が安らげる場所にならない上に、子どもがいる場合は、子どもにとっても悪影響を与えてしまうのが、性格の不一致という夫婦の状況です。

 

ただ、どちらかいっぽうが我慢をして生活をている場合は、相手には全く気付いていないということもあります。

その場合は、スムーズに離婚が出来ない場合もあるため、弁護士を頼んで話を進めましょう。

弁護士を間に挟むことで、こじれがちな問題がクリアに解決できます。

 

 

 

離婚理由としてまず最初に思い浮かべるものに、浮気があります。

昔は、男性側の浮気が原因であることが圧倒的に多いものでしたが、近頃は、妻の浮気で弁護士に相談に訪れる夫も増えています。

 

男性女性に限らず、会社関係で知り合った異性が浮気相手に多く、最初はただの相談相手であったという些細なことから接点が増えていき、次第には心も奪われ、家庭にも影響を与えてしまうという状況に移行していきます。

 

浮気の場合、時として浮気は遊びであり、離婚なんて全く考えていないというケースがあります。

しかしながら、当の本人はそれでも良いかもしれませんが、浮気をされた方は気持ちの良いものではなく、浮気の兆候に気づいてしまうと、なかなか結婚生活を前向きに考えることが出来なくなります。

 

また、最悪なケースは慰謝料などの請求を逃れようと、性格の不一致などを表向きの理由として結婚生活を終わりにしようと迫る場合です。

 

浮気をしている確信はあるけれども、証拠がないという場合は、必ず弁護士を雇い、自分に有利に進められるようアドバイスをもらうことが非常に大切となります。

 

家族があることを知っていて浮気をした場合、相手にも慰謝料を請求できる場合があるので、弁護士に相談しましょう。

 

 

 

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもので、お金に困るという状況に陥ると、喧嘩が増えて家庭がぎくしゃくしていきます。

 

一生懸命働いているのであれば、それは仕方のないことですが、最近はアルコール依存症やギャンブル依存症など、様々な依存症が世間に問題視されており、それらを継続させるために散在してしまい、離婚に至るというケースが非常に増えています。

 

多くの場合、恋愛時代からパチンコが好きであったり、手を付けられないほどお酒を呑むといった状況はあったはずですが、一緒に住み始めて、ひどいことに気づくということが多いようです。

 

もはや中毒なので、自分のお金がなくなれば借金をしてまで、ギャンブルを続けようという気持ちにまでなってしまい、家庭が破たんしてしまうというわけです。

 

借金は、配偶者や子どもの生活をも脅かします。

 

依存症なので、病院治療が必要ですが、それを拒否する場合は自力で治すことは非常に難しいものなので、離婚を選択することになります。

 

こちらのケースも、素直に離婚に応じるということは少ないため、弁護士に依頼した方が問題が早く解決します。

 

ギャンブルをしていなかったり、お酒を呑んでいない時は、とても良い人であるということが多いため、気持ちが揺らぎがちですが、弁護士という第三者を挟むことにより、気持ちを整理することが出来ます。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ