離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 裁判を通じた離婚を行う上での弁護士の役割とは

裁判を通じた離婚を行う上での弁護士の役割とは

双方の話し合いによる解決を見いだすことができず、裁判を通じて離婚に関する協議や調停を行う場合には、基本的に代理人として弁護士を立てた状態で対応するのが一般的です。

このような裁判を通じた離婚手続きに於ける弁護士の役割は非常に重要で、特に法律的な知識や認識の下で双方の言い分を考慮しながら対応する事ができる為、場合によっては、専門家を立てずに離婚に関する協議を行った場合と比べ、遙かに有利な条件で結末を迎えることができる様になります。

特に、財産分与や慰謝料など金銭的な問題を含めた状態になってしまった時ほど法律の専門家が代理人として立っている影響は大変大きく、想定よりも有利な条件を獲得することができるメリットがあります。

また、裁判を利用した協議を行う場合には、裁判を行う為に必要となる様々な法的手続きを実施する必要がありますが、法律の知識がない人にとっては非常に難解な作業となる為、この時にも間に立つことで、作業を全て円滑に行う事ができる上、決着までの期間も短期間にすることができます。このように、裁判を利用した場面へと移った場合に於ける弁護士を代理人とする大きな役割の一つが、法律に関する様々な手続きをプロの目線と経験で無難に熟すことができるという点です。

 

裁判を通じた離婚協議を行う上で、当事者である妻や夫だけで対応する場合には、精神的にも肉体的にも大きな負担を強いられます。特に、裁判へと発展すると、状況によっては数ヶ月から1年単位の時間がかかる事もあり、裁判に必要な作業をこなす負担だけでも尋常ではありません。

更に、裁判を通じて協議を行う場合には、裁判の場で要求や希望を伝える必要があるほか、夫婦間のプライバシーにまで踏み込んだ発現を求められることもあるので、精神的な負担は決して軽くはありません。

こういった様々な負担やストレスを抱えやすい裁判という場を敢えて選ぶ際には、弁護士を立てると良いでしょう。

弁護士を立てることにより、実務的な負担を軽減することができる点はもちろんのこと、精神的な負担を軽減し、気持ちを平常に保ちつつ裁判へと挑むことができます。

場合によっては、弁護人として立てた上で裁判に挑むこともできるので、状況に応じて全て一任することもでき、これだけでも裁判で発生しやすい大きな負担を一気に解消することができます。

また、弁護士側もこうした役割をしっかりと認識しており、法律的な知識や技術だけで応対するのではなく、時には精神的なフォローやサポートを同時に行う事もあるので、精神的にも肉体的にも疲弊しがちな離婚交渉の負担を軽くしてくれます。

 

裁判を通じた離婚協議や調停を行う場合、弁護士に相談したり代理人として起用することにより、個人では煩わしい交渉などの作業を一任することができますが、最も大きな役割となるのが、法律的な知識を与えることができるという点です。

法律によって守られる立場の人も、法律自体を熟知していない限り、法律による恩恵を受けることが出来ません。このため、法的な知識を持たない方にとって、法的な知識を持つ弁護士を代理人として立てたり相談の相手として選んでおくことにより、法律による知識の下、様々な恩恵を受けることが出来ます。

特に、離婚協議が裁判という状況にまで進展した時ほど、法律の知識の有無が結果を左右するといっても決して過言ではなく、この瞬間が、裁判を通じた離婚を担当する担当者として、最も大きな役割を求められる場面といえます。

また、裁判を経た場合にも、双方の主張が平行線に至ってしまった場合には最終的に裁判所から和解を求められ、その対応を迫られる事があります。更に、相手方の当人が何らかの事情により行方不明になっていたりすると、最終的には当人欠席という形での決着となりますが、そこに至るまでに法的な手順に則った手続きが必要となり、この時にも弁護士は公示送達などの法的手続きを代行します。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ