離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 協議離婚における弁護士に役割と重要性

協議離婚における弁護士に役割と重要性

"協議離婚における弁護士の役割

離婚を行う場合にお互いの意見や主張がかみ合わない場合、スムーズに離婚が成立しない場合があります。出来れば穏便に離婚をさせたいと思っていても、いざ離婚となるとなかなか穏便には話が進まないものです。

そんな時に行われるのが協議離婚と呼ばれる方法で、お互いの主張や意見、これからどうしていくのか、子供の親権などはどうするかなどを細かく協議をして決め、離婚を成立させる方法です。

しかし協議離婚を行った場合でも、やはり当事者同士では話や感情がヒートアップしてしまい、まともな協議が出来ないと言う場合が多いですから、そこで登場するのが当事者に代わって離婚の協議を行う弁護士という存在となります。

弁護士が行うのは当事者の代わりとなって協議を行う事ですから、離婚に関する全ての協議を引き受けて離婚を成立させるのが仕事となります。

これは本人が協議離婚に来ない場合でも、弁護士が代わりとなるため協議が中断することを避けることが出来ますし、話し合いでヒートアップしてしまいなかなか協議が進まないと言う状態にならないようにすることも可能になります。中には両方とも弁護士が代理で離婚の協議を進める場合もありますから、協議離婚に関しての弁護士の役割というのは、非常に重要な役割を担っていると言えるのではないでしょうか。

 

本人の代わりとなって協議するのが弁護士です

協議離婚に関しての弁護士の役割は、当事者の代わりとなって話し合いを行う事が最も大きな役割となりますが、それ以外にも重要な役割を担っている場合があります。

離婚の原因は様々だとは思いますが、もしそれが相手側の暴力などによる離婚だった場合、協議離婚の話し合いの中で暴力で受けた精神的苦痛に対する慰謝料の請求なども行う場合があります。

DVやモラハラなどで精神的な苦痛を受けていた場合、協議離婚の場に行きたくても行けないという状態になっている場合も考えられますので、そういった状態の当事者に代わり、離婚の話し合いと共に慰謝料などの請求の話し合いも弁護士が行う事になります。

慰謝料の金額などは過去の事例や本人の希望を聞いて行うことになります。

精神的な苦痛を強いられている場合、相手に会いたくない、出来れば離婚協議などの連絡も本相手側から直接してほしくないと考える場合も多いと思います。

そんな場合には弁護士にお願いして相手側に対して本人への連絡を控えるように通達を出してもらうことも可能になります。

ただしあくまでも通達を出すことしかできませんから、相手側を拘束する権利や力はないと言う事を知っておく必要があるでしょう。

 

子供の親権なども弁護士が協議してくれます

協議離婚を行う場合、財産分与や子供の親権に関する協議、養育費の請求に関する協議なども、弁護士が代わりに行ってくれます。

養育費に関しては相手側の収入によってある程度の金額が決まってくるわけですが、当事者同士だとお金の話はほとんどの場合が金額でもめるため、専門家である弁護士に任せておく方がスムーズに話し合いが進むと言えるでしょう。

財産分与に関しても、お金に関しては基本的に二分の一の折半となるのですが、他の家財道具や車、家などの分与はなかなか話し合いが進まないため、弁護士にお願いしてどうすれば最も良い方法なのかを決めてもらった方が離婚までの期間を短縮することが出来るでしょう。

もちろん自分の意見もしっかりと弁護士に伝えておくことも重要で、その意見を元に弁護士は協議を行いますから、意見を伝えておかないと自分の考えていたような結果にはならないと言えるでしょう。

子供の親権に関しては最も難しい問題ですので、両方の言い分と子供の意見なども総合して、ベストな方法を導き出すのが協議離婚を任された弁護士の役割だと言えるでしょう。

協議離婚は法に則った形で進められますから、無理難題を言ってもそれは通らない場合もありますので、弁護士に任せる場合には最初に出来ることと出来ないことを聞いておく必要があるかもしれません。

 

"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ