離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 法的に理由の説明が難しい離婚

法的に理由の説明が難しい離婚

通常離婚をする際には何かしらの原因という客観的な理由が必要です。一般的にも広く認識されていますが、これは常識的にそうした方が良いというような話しではなく、民法770条に記されている法律です。

そのためもしどちらかが拒否をして離婚の合意を得られなければ、弁護士などを介して客観的な理由を証明する必要があります。

浮気やDVなどでは比較的その証拠集めも容易ですが、中には説明が難しい理由もあります。その代表的と言えるのが「性格の不一致」でしょう。大手弁護士事務所の統計では夫妻ともに一番多いこの理由ですが、客観的に証明するとなると困難なのも事実です。

そもそも性格が違うのは当然であり、それが婚姻関係の継続が困難なレベルであると証明するのはどうしてもどちらかの主観が入ってしまうからです。そのため一方が別れたくても合意に至れないということがしばしば生じ、弁護士の相談もこのあたりから多く寄せられます。

これらを理由として認めてもらうには、婚姻継続が困難なほど精神的苦痛を受けたと証明することが必要で、一般にモラハラ裁判などという事態にもつれ込むこともあります。

しかし、基本的には話し合いの末双方の合意を得なければ法的な離婚は出来ないので、相当辛抱強い協議と時間が必要になるのがこれら「性格の不一致」です。

 

 

離婚の原因は様々ですが、中には説明が難しい理由も存在します。そんな中でも近年目立ってきたのが性の不一致によるものです。弁護士などにも多数相談されるこれらの理由ですが、なかなか第三者を交えての話がし辛いこともあり、実際はさらに多くのケースが存在すると想定されます。

これら性の不一致が理由として説明が難しいのは、やはり客観性の証明が極めて難しい分野であると言えるからです。性の問題は一般化が難しく、万人に共通する普遍的価値観も見出しづらい世界です。一方がおかしいと思った性癖や行為でも、もう一方では常識的な範囲内であったりもします。また世間一般で広く常識的な範囲内の性行為でも、一方の極端に保守的な解釈により性の不一致を主張することが出来ます。

このようにデリケートな問題になりがちな性の問題は、弁護士などに寄せられた際にも頭を抱えることが多く、離婚の正式な理由として昇華させるには多くの困難が考えられます。

しかし、日常で常にどちらかが特定の行為に対して拒否を続けていた場合には、別の解釈によるアプローチも可能です。そうした場合精神的な苦痛を分かりながら行為を強制したということになるので、民法770条における「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に当てはまります。これが認められると離婚の立派な理由として裁判などでも戦うことが出来るので、しっかりと知識として持っておく必要があるでしょう。

 

離婚の原因は最近では益々多様化・細分化されてきています。これは価値観の多様化や離婚の垣根が低くなったことなども原因でしょうが、その割合は上昇していくことが予測されます。

そんな中、説明が難しい理由が存在します。これらは客観性に乏しいケースが多く、協議の際には争いになることが多いのです。

「特に理由もないけれど何となく別れたい」というのは客観性も具体性もありませんが、理由としては多くの方が共感するのではないでしょうか。浮気や暴力など決定的な理由がなくとも、人間関係ではこの「何となく」といった理性を超えた感情が支配しており、生理的に受け付けないといったレベルにまで発展します。しかし、これを正式な理由として説明するのは非常に困難です。

離婚には法的に正式な理由が必要です。これは民法770条に記されていることですが、これは必ずしも理由がなければ別れられないということではありません。もちろんどちらかが一方的に申し立てただけという場合には認められませんが、弁護士を交えた協議というものが存在します。

協議といっても裁判などのように大々的なものではなく、弁護士などを交えたただの話し合いです。ここでお互いに別れることは致し方ないと納得の上合意をする事が出来れば、民法770条の規定に沿わなくとも別れることは可能です。もちろん合意するには条件などかなりの面で申し立てた方が妥協する必要がありますが、お互いこれ以上の婚姻継続は困難だと思うならば合意は難しくないでしょう。しかし、相手側にも拒否する権利があるのも事実なので、かなり根気強い話し合い求められます。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ