離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚後の生活は?公的機関の支援制度

離婚後の生活は?公的機関の支援制度

"経済的な支援制度(手当等)にはたくさんありますので利用してはいかがでしょうか?様々な制限があるものもありますがわからない事は、弁護士に相談してみるのも良いでしょう。弁護士に離婚を相談したときにこのような話も出てくることでしょう。母子家庭で生活していくことはとても大変なことになります。実際に生活をしていくことができるのでしょうか?

児童扶養手当はDVも対応ができるようになりました。裁判所でDVで保護命令が出た場合は児童扶養手当がでることになりました。児童扶養手当は市町村で、申請することができます。

児童手当は様々な家庭に出るものです。世帯収入により、制限はありますが0歳から3歳までは毎月1万5,000円、3歳から小学生までは毎月1万円、第三子以降は1万5,000円。中学生は毎月1万円となっています。

この制度は今後どうなるかわかりませんが今のところはある制度になっています。

特別児童扶養手当,障害児童福祉手当は等級によって変わってきます。

生活保護を受けたい場合は生活保護の申請をしていきます。

就学援助は学校に行くときの支援を低所得者に対してしています。学校へ行くのは困難になっている子もいますのでそのような子供たちに援助していくようになっています。

学校での備品や修学旅行の費用を1部負担してくれています

 

 

お金に困ってしまった場合にも貸し付けを頼める場所がありますので、そちらを利用するのも良いでしょう。わからないときは離婚する際は弁護士に聞いておくのが良いでしょう。

母子福祉資金貸付金は20歳未満の子を扶養している母子家庭に就労や就学で資金が必要となる場合に,都道府県や指定都市、中核市から、貸付を受けれる制度です。また、母子福祉資金貸付金は事業開始や、就学や就職、医療、介護などがあります。

利子と返済期間は貸付金の種類によりますが,無利子や低金利です。また、長期の返済となります。

貸付を希望する場合は,自治体窓口への申請をします。

生活福祉資金貸付制度は母子家庭に限らず生活に困っていた場合に貸付てもらう制度になっています。

女性福祉資金貸付制度は女性がたまたまな家族を扶養している場合に貸付してくれる制度になっています。

応急小口資金は

低所得世帯が病気になったり、給与の盗難や紛失,火災等の被災などがあり、緊急に資金が必要となる場合,資金を無利子で貸してもらえる制度です。なるべく働いてお金を用意すべきですがいざと言う時はこのような配慮もありますので利用することが大切です。

知識として覚えておけば助かるのではないでしょうか。一生懸命働いていてもお金が足りないときなどは役に立つ制度になります。離婚した際には現在の別れだけではなく今後の生活のこともしっかりと考えていかねばなりません。

 

就職に関する支援でも少しでも就職をし家庭にお金を入れていくことが大切です。弁護士に離婚の相談をする時にもこのことも伝えておきましょう。

母子家庭自立支援教育訓練給付金は、母子家庭の経済的な自立のため、その能力開発の取組みを支援します。また、児童扶養手当の支給を受けているか、または雇用保険の教育訓練給付受給資格のない人が対象です。対象となる、教育訓練を受講し修了した場合、経費の20パーセントが支給され、住まいの、自治体窓口への申請が必要です。

母子家庭高等技能訓練促進費等給付金は、母子家庭の母が、看護師や介護福祉士等の、資格取得のため2年以上養成機関で、修業期間中の生活費の負担軽減を目的とします。

児童扶養手当の、支給を受けているか、または同様の所得水準に、あることや養成機関にて2年以上のカリキュラムを修業します。また、対象資格の取得が見込まれ、仕事、育児と修業の、両立が困難な場合、受給できます。高等技能訓練促進費月7万500円か10万円が支給されます。入学金の負担軽減のためには、入学支援修了一時金を、2万5千円か5万円を支給されます。母子家庭高等技能訓練促進費は、住まいの自治体窓口へに申請します。

寡婦等職業相談員がハローワークにいたり、住居や医療、様々な配慮があります。離婚後の生活は弁護士に相談してみてくださいね。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ