離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 姑との関係で離婚に至る場合もある

姑との関係で離婚に至る場合もある

"結婚するという事は、相手の家族との関係も重要になってくるという事でもあります。特に女性の場合、夫の母親、姑との関係が難しくなることが多いようです。同じ女性であることから理解しやすいというメリットがある反面、うまくいかないことがあると衝突しやすくなるためです。家庭内での役割も重なるため、特に同居の場合などはトラブルの火種が絶えない状況にあります。原則として、夫の母親である姑のほうが年齢的にも上ですし、立場も上ですから、姑からのいじめやプレッシャーを受け、精神的に病んでしまう女性もいます。その段階で周囲に相談するなどという事ができると深刻な問題につながることは少ないのですが、家庭内のことであるという事から相談が難しいこともあり、離婚という決断に至ってしまうケースもあります。離婚を決断したならば、早めに動きだすのが重要です。相手が離婚に同意しなければ、最悪裁判にまで発展することがあります。そのようなときに少しでも有利に進めるため、証拠をそろえるなどという事も大切です。そのため事前に弁護士と相談していくという事が必要になります。無料の相談会などもありますので、離婚を考え始めた時点での弁護士への相談を心がけましょう。

 

姑からのいじめなどで結婚生活を続けることが難しいという事はよくありますが、必ずしも姑だけが原因ではない場合も多いものです。姑の対応に問題はあっても、夫がきちんと対応するならば問題がないことが多いです。夫が姑のいじめを止める努力をしていたり、同居している場合は別居するなどの対応を取っているならば、結婚生活自体を解消する必要はないのです。しかし、多くの場合夫は姑の言いなりになってしまうことが多いので、結果的に結婚生活が立ち行かなくなってしまうことがあるのです。親であるという立場、昔から甘えてきたという経験から、夫としてではなく、息子として姑に味方してしまうことが多いのです。味方をしないまでも全く無関心であったり、何の対応も取らないような夫である場合、それ以上結婚生活を続けるという事は難しくなっていくでしょう。こうした場合には、そのような夫の対応が離婚の原因となるといえるでしょう。しかし、夫側にそういった認識がない場合、離婚成立は難しいものです。弁護士にアドバイスをもらっておくと話し合いも進めやすいでしょう。もし調停や裁判という事になれば弁護士の関与は必須ですから、早い段階で相談しておくと安心です。

 

協議で離婚することができるならそれが一番手軽ではあるのですが、夫や姑がその非を認めない場合も多いです。そのため、協議ではまとまらずに調停や裁判まで発展することもよくあります。そのような場合は第三者に対して夫や姑の対応についてしっかり説明する必要があることを意識しておきましょう。それはかなり厳しい作業となります。思い出したくもないような姑からのいじめなどをを思い出して書面にしたり、話したりしなければならないのです。一人でそういった作業をしていくのは難しいですし、裁判所とのやり取りなども発生しますので、大きな負担となります。並行して離婚後の自分の生活についても準備をしていかなければならないのですから、その期間はかなりの覚悟が必要であるといえるでしょう。少しでも負担を減らす方法として弁護士に代理人としてついてもらうという事ができます。そうすると相手との交渉も弁護士を通してすることになりますから、夫や姑からのプレッシャーや嫌がらせがある場合などは必須であるといえます。裁判などの知識がなくてもアドバイスをもらえるので安心です。新たな生活に気持ち良く踏み出すことができるように、準備をしっかりしておきましょう。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ