離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 子供への暴力は、離婚の正当な理由になるので弁護士に相談を!

子供への暴力は、離婚の正当な理由になるので弁護士に相談を!

子供への暴力にもさまざまな種類がありますが、親が叩く、蹴る、つねるなどの暴力をふるって子供の身体を傷つけ危害を加え傷つけることは、絶対に許されない行為だといってよいでしょう。

 

普段から気が短くて頭に血がのぼるとみさかい無く子供にまで暴力をふるってしまったり、自分の落ち度や精神的な弱さを指摘されると暴力でそれを封じ込めて強くみせようとしたりする場合が多いのですが、酒癖が悪く過度の飲酒で家族に暴力をふるい、止めに入った子供までが巻き込まれて身体的な被害を受けることもあります。

 

成長期にある子どもは身体も小さく関節なども弱いので、親に暴力をふるわれることは命の危険すら伴うことがあるのです。ですから子供の身の安全を確保するためにも、子供に暴力をふるうのならば離婚も辞さないという毅然とした態度が必要になってきます。

 

家族ですから愛情もあり暴力について相談するとは恥ずかしいと思われる方もおられるかもしれませんが、事態が深刻化してしまう前に弁護士に相談をしてみてはいかがでしょう。実家などに逃げても追いかけて来て暴力をふるわれるというような場合には、裁判所に保護命令の申し立てをし、適切な保護を受けることもできます。

 

パートナーの子供への暴力に対して1人で悩んでいないで弁護士に相談をし、離婚という選択肢も含めて有益なアドバイスを受けるようにしたいものです。

 

 

子供に対する暴力は身体的なものばかりでなく、精神的なものもあります。人格や存在を頭ごなしに否定するような暴言を吐いて子供の心を傷つけたり、命令口調で自分の考えを押し付け人前で侮辱したり罵倒したりするなどの行為は、子供に対する精神的な暴力だといえます。

 

威圧的な態度で子供の気持ちを踏みにじるような罵詈雑言をあびせかけたり、大切にしているものを勝手に壊したり処分してしまうなどの行為は子供を精神的に追い詰めるので、恐怖心や不安感、緊張感などから、うつ病や神経症など精神的な病を起こしてしまうことにもなりかねません。

 

パートナーの精神的な暴力による極度のプレッシャーやストレスで子供が精神を病んでしまう前に、信頼できる弁護士に相談をして別居や離婚などの対策を考えた方がよい場合も考えられます。離婚の調停になれば子供に対する精神的な暴力の証拠が必要になってきますが、日記やメモ、各種相談所での相談記録などの残し方についても、弁護士から適切なアドバイスを受けることができるのです。

 

家庭内の事情は複雑ではなかなか他人には相談をしにくいものですが、プロの弁護士からならば多くの事例をもとに前向きな解決策を提案してもらうことも可能です。

 

 

精神的にも肉体的にも未熟で自分で生活費を得ることができない子供を親は扶養する義務がありますが、その責任をきちんと果たそうとしないことも子供に対する経済的な暴力であるといえます。自分が働いた給与を子供の生活費や教育資金として使わず、遊びやギャンブルなどに使ってしまうのは、子供への経済的暴力なのです。

 

子供に対する扶養義務を怠る無責任な行為は離婚の原因になりうるものですから、仕方がないとあきらめて自分だけが経済的な負担を背負うようなことをせず、弁護士に相談をしてみるようにしましょう

 

また再婚をしたような場合、義理の関係にあるパートナーから子供が性的な暴力を受けることもあります。身体をさわられたり卑猥な映像を見るように強制されたりした例もあるので、そのような話が子供から聞かれたら早めに対処をするようにしましょう。

 

性的な暴力は子供の心に深い傷跡を残し、その後の人生に大きな負の影響を与えてしまいます。パートナーと話し合いそのようなことを絶対にしないように約束をしてもらうことが大切ですが、解決が難しい場合には弁護士から適切なアドバイスを受けるという方法もあります。たとえ離婚をすることになっても、子供に対する性的な暴力は許さないという毅然とした態度が必要なのです。

 

性的な暴力についても離婚の朝廷になる可能性も含めてきちんと記録を残しておくことが大切なので、弁護士に相談をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ