離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 浮気の認定条件

浮気の認定条件

"・婚姻関係を続けられない浮気

配偶者が浮気をすると、離婚の理由になります。離婚の理由の中では最もメジャーなものです。性格の不一致なども多いですが、弁護士に相談される離婚事由の主役は不貞行為、いわゆる不倫です。

ところで夫婦関係において、どこからが不倫でしょうか。

夫婦というのは、円満に生活をするために協力をしなければならないという決まりがあります。それは性生活においてもそうです。夫婦ともに貞操を守る義務がありますから、配偶者以外の相手と性行為をすると、離婚事由となります。

どこからが浮気になるか、などと言われることがありますが、離婚事由として認められる範囲はどこかという話なら、食事やキスくらいでは不貞行為とはみなされません。ラブホテルに入ったりと、性行為が強く疑われる状況でなければ不貞行為とはみなされません。

ただし風俗はまた別です。金銭のやりとりをした体の関係ですから、不貞行為とはみなされません。ただ、風俗に行かないでほしい、と奥さんに言われていた場合は別です。そこまで嫌がられていたら風俗通いも離婚事由となる場合があります。

また、相手が風俗嬢であっても、風俗嬢としてではなく、一人の女性として性交渉を行っていたと立証できたら風俗嬢との行為も、不貞行為と認定することができます。その他、微妙な場合だと思われるなら、弁護士を介しての相談もよいでしょう。

 

・離婚の理由となる浮気は、そこまでの状態も重要

夫婦というのは、おたがいに、配偶者以外の相手との性交渉は認められていません。もししてしまうと、不貞行為として大きな離婚事由になります。裁判などでは、婚姻関係を破綻させたかどうかというのが大きなポイントになりますので、離婚の交渉をする前には弁護士とそういった点について相談するといいでしょう。

不貞行為というのは、婚姻関係が続いているという前提で問われることですので、すでに破綻している場合には関係がありません。たとえば別居をしている場合です。夫婦であっても、婚姻関係が破綻していると証明できれば、不貞行為によって離婚することにはなっても、慰謝料の要求はできないということがありますので、慰謝料ん請求をされて当然だとあきらめるのではなく、弁護士の意見を聞いてみると、慰謝料は払わずにすむかもしれません。また別居というのは指標であって、同居していても婚姻関係が破綻していると証明できれば同じように慰謝料を払わずにすむ場合があります。

また異性間の話ばかりではありません。同姓が相手の場合は、不貞行為にはあたりません。ですが、婚姻を継続しがたい重大な事由、にはなりますから、離婚の請求や、慰謝料の請求には応じなければならないでしょう。

 

 

・証拠は客観性のあるものを

婚姻関係を続けられなくなるような行為には、浮気があります。離婚事由としても大きな理由です。自分は仕事をしていたのに、奥さんに浮気をされてしまった場合などはやりきれないでしょう。

ただし、その浮気を立証できなければ離婚もできませんし、慰謝料ももらえません。そればかりか、言いがかりをつけられたとか言われて、養育費を要求される形で離婚しろと請求される可能性もあります。

確信を持てたら、感情的に追求するのではなく、きちんと準備をしておくことが重要です。

まずは相手のPCは携帯電話のチェックです。できることならプリントアウトもしておきたいです。

また相手の行動を、日記のようにメモしておくと、日々の流れを裁判で追求しやすいので有効です。

怪しい日を割り出したら、探偵や興信所に頼んで、動かぬ証拠をつかむといいでしょう。やはり日記などでは、あくまでこちらの主観的な情報でしかないので、そちらの言い分でしかないとなってしまいますから、ラブホテルに入る二人の写真や動画、また自宅に招いている場合は、家の中を撮影しておくビデオカメラの設置など、客観的な情報を用意しておくことが大切です。

弁護士をつけられてうまくやられてしまうと大変ですから、こちらも弁護士を用意したいところです。

"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ