離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • モラルハラスメントチェックリストでチェックを!離婚は弁護士に相談を!

モラルハラスメントチェックリストでチェックを!離婚は弁護士に相談を!

"モラルハラスメントをしていると思ったときには、弁護士に相談して離婚のほうに踏み切るようにしていきましょう。またモラルハラスメントをしてくる相手と言うのは非常に外には良い顔をするのが特徴です。自分で話すことではなく弁護士を通して話をするようにしましょう。モラルハラスメントのチェックリストでは長期間、無視されたことがあるなど精神的につらい状況に追い込むこともチェックリストの中に入っています。実際に自分が無視されているととても辛い気持ちができてしまいます。そのために自分が悪いのではないかと思ってしまうこともあるハラスメントの加害者の特徴の1つです。自分が悪いわけではないのでチェックリストで少しでも引っかかることがないかチェックしていきましょう。

チェックリストの中には夫の言うことは、絶対と自分に言い聞かせたり、たとえ間違っていると思ってもそれを指摘できないなど、自分の意見を言えない家庭の様子もわかります。そのために自分ではなかなか言い出しにくい雰囲気があったり諦めてしまうこともあるようです。ですのでモラルハラスメントのチェックリストを友人も持ち歩き友達とチェックするなどして周りも気づくように気をつけることが大切です。

 

 

モラルハラスメントを行う人の中には恐怖心を抱いている人も多くいます。

モラルハラスメントのチェックリストの中には夫が帰ってくると思ったら恐怖心から心臓がドキドキするなど妻がのびのびとできない状態が伺えます。

また、夫の不機嫌な態度が怖くて怒らせないよう常に気を遣っているなどもあります。

モラルハラスメントが起こる前まではとても優しかったにしたのですがだんだんDVと言うのは優しかったり冷たかったりを繰り返すことで相手を疲れさせてしまうことがわかります。また自分で相手がどのくらい傷つくかということを考えながらわざと傷つくような言葉を選んで言っているのです。ほとんどの場合はモラルハラスメントに対してに離婚を申請しても相手はやり直したいと言ってくるのです。また外にはいい顔をしてしまうタイプの加害者が多いので、周りの人もそのようなことがなかったようすることもあると思います。しかしほとんどの人が仲が良くやり直すことがあったとしてもしばらく時間が経てば元に戻ることがわかっています。そのため1時的な言葉に惑わされることなくしっかりとした目で対応することが大切です。また必ず弁護士を挟んでいいくるめられないようにしていきましょう。

 

モラルハラスメントメントでは自分の言いたいことを言えない人もたくさんいるようです。また経済的にも制限をしてくる相手もいます。生活費を支払わないなど、完全に甘えたタイプも多いので気をつけていきましょう。自分の貯金を崩してしまうことがあるならば、モラルハラスメントの対象にもなりやすいのです。また相手の実家等のことを見てみて相手の親がどのような態度を、父から母にされているのかもチェックした方が良いでしょう。自分の親がやっている事を真似てやっている場合も多いのです

モラルハラスメントのチェックリストの中には家族がのびのびと生活するために必要な生活費を入れないなどもチェックの中に入っています

生活費が足りなくなると自分の貯金を取り崩す事がある女性の貯金にまで独身時代の時のものまで手を出そうとする人が多いようです。

苦労しているため新しい服を買ったことがなかったり、周りの人が何かしらモラルハラスメントにチェックすることがあれば気をつけて見ていた方が良いでしょう。モラルハラスメントのチェックリストは友達や大切な人を守るためにも目を通した方が良いでしょう。またこのような時があれば弁護士に相談するのが良いでしょう。離婚する気力がなくなっていても弁護士が味方になってくれるでしょう。モラルハラスメントは加害者にとってはうまみがたくさんあるのでやめる気がなかなか起きないようです。

弁護士が力強く味方になってくれるでしょう。

"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ