離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 夫の浮気を早期に発見、弁護士に相談してスムーズに離婚するコツ

夫の浮気を早期に発見、弁護士に相談してスムーズに離婚するコツ

"夫婦の離婚の原因として最も多いのが、「夫の浮気」によるものです。それだけ妻にとっては夫の浮気は裏切り行為であり、精神的にもショックなのです。

しかし離婚するにしても夫が簡単に応じてくれるとは限りません。

夫が浮気をしていると思ったら、早期に発見して証拠を抑え、弁護士に相談することが大切です。

まず最初に疑うべきは、空白の時間があるかどうかです。

浮気をしている場合、夫の言い訳として「仕事が忙しくて残業している」「飲み会に付き合わされている」というのが一般的です。

まずは夫が仕事以外で理由があって遅くなった時に、メールを送ってみましょう。

内容は、「風邪を引いたので明日の午前中病院に行きたいけれど、休みを取れるか」などで構いません。

もしも浮気をしている場合、疑われない様に早めに返信をしてきます。

そのメールの返信を待って、一緒にいる筈の同僚や友人にもメールを送るのです。

相手が夫と一緒にいないと分かれば、その他の人物と会っているという証拠になります。

誰と会っているかまで判明しなくても、妻に嘘をついていた証明になりますので、その時のメールをしっかりと保存しておき、弁護士に証拠として提出します。

上記の方法は半年間に2~3度試してみると、より弁護士に相談する際に有利となります。

 

夫の浮気を疑ってしまうと、妻としては胸中穏やかではありません。

もしも本当に浮気をしているのならば離婚を考えている場合弁護士に相談したいところですが、まずは早期に浮気を発見することが先決です。

夫の浮気を発見するには、帰りが遅くなった日や出張した日をチェックしておき、その日に幾らお金を使ったかを確認するのが一番です。

男性が浮気をする場合、まずは女性に食事を驕り、その後ホテル代を支払うのが一般的で、まず現金で精算すると思ってよいでしょう。

伏線として普段から夫の財布の中に幾ら入っているのかを知っておくことから始めます。

財布の中身を調べるのではなく、「あまりお小遣いが少ないと可哀想だから」と言っておくと警戒されません。

遅く帰って来た翌朝、数万円単位でお金が減っていればまず怪しいと思いましょう。

この時アリバイに使われた相手に急に連絡をすると、夫に勘付かれてしまいます。

さりげなく2~3日後に「最近飲み会多いですよね」と尋ねてみれば、自然に夫の嘘が発覚します。

浮気の証拠として弁護士に報告する為には、一度ではなく継続的に調査をすることが大切です。

遅くなった日とお小遣いの減りが多い日が一致していることを記録に残して、離婚調停の申し立ての際に弁護士に見せましょう。

そのうち一日でも女性と一緒の日があれば、他の日も浮気と見て間違いありません。

 

 

妻が夫の浮気を早期に発見して、しかも証拠まで掴み離婚したいと思ったら、現場を抑えることです。

しかしただ一緒に食事をしただけでは浮気とは見なされないものです。

やはり浮気というからには相手と一緒にホテルに出入りする瞬間を抑えるしかありません。

浮気の現場を抑えるには夫を尾行するしかありませんが、妻が夜夫を尾行するには素人ですので行動に限りがあります。

そんな時には探偵事務所に依頼するのが一番確実です。

探偵は尾行のプロですので気づかれることはありませんし、夫に顔を知られていない分接近して証拠写真を撮ることが可能です。

一般的な探偵事務所では、何人の探偵が何日間稼働したかで料金が決まります。

浮気の決定的な証拠は一度あれば十分ですので、半月~1ヶ月程を見ておくと良いでしょう。

探偵事務所では、調査期間が終了した際にきちんと報告をしてくれます。

浮気相手の身元確認までしてくれますので、費用はかかるけれどもいつまでもモヤモヤした気持ちでいることはありません。

証拠写真や動画などの動かぬ証拠を掴んだら、弁護士に相談することになります。

離婚の場合、世間体などを考えて親族で解決しようとする人もいますが、やはり法律の専門家である弁護士に相談した方が後々すっきりとします。

離婚の際に問題となるのは慰謝料だけはありません、財産相続なども絡んできますので、法律事務所の力を借りるべきなのです。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ