離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 慰謝料請求の期限について

慰謝料請求の期限について

離婚の慰謝料は、一定の期間請求しないことによって消滅時効にかかります。離婚慰謝料の発生原因には不法行為に基づく場合と債務不履行に基づく場合があります。債務不履行に基づく慰謝料請求の場合は、民法第167条1項で10年と定められています。また、不法行為に基づく慰謝料請求の場合は、民法第724条で3年と定められています。このような離婚に関する慰謝料の請求については、事前に弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は慰謝料請求の期限など法律に関する専門知識を有していますので、弁護士に相談することで時効についての適切な法的措置を講じてもらうことができます。

 

不法行為に基づく離婚の慰謝料請求は、損害が生じたことを知った時から3年で時効となります。また、20年という限度期間があるため、20年を経過してしまった場合には請求することはできなくなります。したがって、離婚を予定している場合には早めに弁護士に依頼することが大切です。また、時効が近い場合には弁護士は時効の成立を回避するための措置を講じることもできます。

 

不貞行為に関する離婚の慰謝料や名誉棄損に関する慰謝料、暴行傷害の慰謝料などは時効成立までの期間が3年と定められています。例えば、不倫を行った浮気相手への離婚の慰謝料請求の場合、不倫の事実を知ったときから3年で時効が成立します。ただし、不貞行為が終わったときから20年以内に限られることとされています。婚約破棄の場合、婚約破棄を債務不履行と捉える場合と不法行為と捉える場合と2通りのとらえ方がります。債務不履行と捉えた場合は、婚約破棄した時または破棄された時から10年、そして不法行為と捉えた場合には破棄された時から3年の期間経過をもって時効成立となります。

 

また、名誉毀損の場合、名誉毀損された事実や名誉毀損した相手を知ったときから3年、または名誉毀損の事実があったときからだと20年のいずれかの期間が経過した場合は、時効になります。例えば、インターネット上の掲示板等への書き込みで誹謗中傷が行われた場合などは、その表示が抹消されない限りは不法行為の継続中と考えられ、時効の起算が開始されずに時効にならないという解釈が成り立つこととされています。暴行を受けた場合で、傷害を受けていない場合は、暴行を受けた日の翌日から起算して3年で時効が成立します。そして、例えば、治療費などの傷害による損害については、治癒した日か症状固定日から3年で時効成立となります。

 

損害が生じたことを知ってから3年以内に訴訟を提起したり、法的手続きをとったり、示談を成立させたり、弁済を受けたりすることで時効の進行を中断させてふりだしにもどすことが可能です。また、どうしても間に合わないといった事情がある場合には時効の停止をすることで、6か月間の猶予を受けることができます。時効の停止には内容証明での催告を行います。その間、示談を成立させるか裁判を起こすことによって時効の成立を回避することができます。

 

このように、慰謝料は一定の期間請求しないことによって、消滅時効にかかります。債務不履行に基づく慰謝料請求の場合は、民法第167条1項で10年と定められています。また、不法行為に基づく慰謝料請求の場合は、民法第724条で3年と定められています。このような離婚に関する慰謝料の請求については弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は慰謝料請求の期限など法律に関する専門知識を有しています。時効が近い場合には弁護士に相談することで時効の成立を回避するための措置を講じてもらうことができますので、離婚を予定している場合には早めに弁護士に依頼することが大切です。

 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ