離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 審判離婚とは何か?

審判離婚とは何か?

離婚を行う際にお互いの主張がかみ合わない場合や、子供の親権や財産などをどうするのかといったことで、離婚がスムーズに進まない場合があります。そうなるとお互いの主張が平行線をたどってしまったり、酷い場合だとお互いの家族を巻き込んだ大きな問題へと発展してしまうことがあるわけです。それを話し合いで解決するために行われるのが、弁護士を介した裁判離婚と呼ばれる裁判所での調停を行う方法ですが、この離婚調停と呼ばれる方法はお互いの意見が完全に一致しないと成立しませんので、裁判が長引いてしまう場合や、そもそも裁判に出廷しないといった自体が起きてしまうことも考えられます。

 

そうなってしまうとせっかくの離婚調停も意味を成しません。しかし意見が完全には一致してないけれどここをクリアできればなんとか離婚調停が合意できるといった場合も考えられるわけで、そんな時に利用されるのが審判離婚と呼ばれる、裁判所の審判に解決をゆだねる方法となります。

 

審判離婚の特徴は、裁判所がもつ職権を行使することで、停滞している離婚裁判での離婚を認める審判を下すというもので、当事者同士の合意が無くても裁判所の判断で離婚の審判を決めることが可能になります。審判離婚は申し立ての方法も比較的簡単なので、裁判に比べると申し立てしやすい方法となります。

 

審判離婚を利用することが多いのは、離婚自体に異議はないがそれ以外の問題が解決できない場合や、先ほど説明した離婚調停に出廷しないため裁判が進まない場合などに利用されることが多い方法です。

 

例えば、離婚したくても財産をどのように分けるかといったことでもめていて離婚できない場合、審判離婚の審判が下ることにより離婚が成立することになります。離婚調停に全く出廷しない場合でも、審判離婚で審判が下れば、それは裁判離婚の判決と同じ意味となるため、出廷の可否に関わらず離婚が成立することになるわけです。

 

ただしこの審判には審判の効力を失わせることが出来る方法が存在しており、審判離婚を利用して審判が下った場合、当事者が異議申し立てを行った場合には審判の効力は失われることになります。調停に全く出廷しないので片方が審判離婚を利用して審判を下したとしても、出廷しない側が異議申し立てを行ってしまうとせっかく審判離婚で審判が出たのに、また振り出しに戻ってしまうことになるわけです。

 

要するに審判t離婚で下された審判は、成立してしまえば裁判の判決と同じ効力を持つためいくら反論しても結果が覆ることはありませんが、審判が成立する前に異議を申し立てられてしまうといとも簡単に審判の効力が失われるという非常に法的効力の弱いものだといえます。

 

ですから審判離婚が利用でき、なおかつその審判の効力を発揮できるケースというのは非常に限られているため、なかなか審判離婚を利用するというケースは少ないといえるのではないでしょうか。裁判の調停に出廷しないけれど、反論や異議があるわけではないというケースの場合、この場合には出廷しない側に争う意思が無いわけですから、この場合には審判離婚を利用することが可能になるといえるでしょう。

 

財産や子供の親権で離婚が成立しない場合は、審判離婚を利用してもおそらくどちらかが異議申し立てを行うでしょうから、このケースではなかなか使いづらいといえるでしょう。

 

審判離婚を利用する場合には、弁護士に相談して審判離婚を行うほうがベストな選択なのかをよく考えてから利用するほうが良いのではないでしょうか。審判離婚を利用する場合は、必ずお互いに納得できる落としどころがないと、逆に裁判が長引いてしまうことにもなりかねませんので、その点にも十分注意したほうが良いといえるでしょう。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ