離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 不貞慰謝料請求とは何か?

不貞慰謝料請求とは何か?

"離婚をする場合の理由にも様々な種類があると思いますが、その中でも近年増えているのが不貞による離婚です。不貞とは分かりやすく言えば不倫をしたということで、不倫が原因で夫婦間に亀裂が生じ、離婚まで話がもつれ込む場合が多いといえます。不貞での離婚の場合、不貞行為を行った側よりも、裏切られた側のほうが精神的な苦痛が大きく、その苦痛に対して請求できるのが不貞慰謝料請求と呼ばれる慰謝料の請求となります。

 

慰謝料の請求は裁判を通じて行うため弁護士への相談が必要となりますし、まずは不貞を行ったという証拠も必要となってきます。

 

不貞慰謝料請求を弁護士を通して行った場合、自分の妻や夫と不貞を行った相手側に慰謝料の請求を行うことが可能となります。しかしこの不貞慰謝料請求には大きな問題があり、不貞を行った相手側が結婚していることを知らなかった、妻や夫がいるのを知らずに関係を持った場合には、はっきりとした証拠が無ければ不貞慰謝料請求を行うことが出来ないという場合もあります。

 

相手側が妻や夫がいることを証知で関係を持った場合には、問題なく不貞慰謝料請求を行うことが可能になります。弁護士を通じて不貞慰謝料請求を行った場合の慰謝料の金額ですが、これは明確な金額というものが決められていません。場合によっては数十万円程度の慰謝料となる場合もありますし、数百万円単位の高額な慰謝料となる場合もあります。

 

この慰謝料の金額の差は、被害を受けた側の精神的苦痛の程度や結婚年数、不貞がどれくらいの期間続いたのか、そしてその不貞はどちらが主に主導権を握っていたのかなどの情報を元に、裁判官が独断で金額を決めることになります。そのため不貞行為が何年も続いていればそれだけ精神的苦痛が大きいと判断されますし、不貞によって夫婦間の破綻が起きた場合には、金額がプラスされる場合もあります。ただし夫婦間の破綻が不貞行為よりも前に起きていた場合、その場合には不貞慰謝料請求を行うことが出来ないケースもありますから、不貞が行われる前の夫婦の状態も非常に大きな意味合いを持つことになります。

 

不貞行為が何年も続き、夫婦間は破綻し家族にも大きな迷惑をかけた場合には、慰謝料の金額は大きく膨れ上がることになりますが、ここで問題となってくるのが相手側の経済状態という問題です。もし相手側の経済状態が芳しくない場合や、それほど収入が多くない場合には、その状況も慰謝料の金額を出すために加味されることとなりますから、相手側が財力に乏しければそれほど多くの慰謝料は支払われないということもあります。

 

一般的に慰謝料の支払い平均は200万円程度が相場とされており、多い場合には400万円~500万円といった金額の判例もあるようです。少ない場合は50万円程度が多いようです。

 

不貞慰謝料請求を行い金額が提示された場合の慰謝料の請求方法ですが、これにはまず慰謝料の支払いについての話をまとめる必要が出てきます。相手側が慰謝料の支払いをなかなか認めない場合には、請求を行うことが出来ませんし、慰謝料の請求権には3年という期限が設けられているため、3年を超えてしまうとせっかく不貞慰謝料請求で出た慰謝料を受け取ることが出来なくなってしまうわけです。そのため出来るだけ早く話をまとめる必要が出てきますし、そのためにはお互いが納得いく着地点をみつけることも重要となってきます。

 

話がまとまれば示談書を作成し、お互いに署名捺印を行い、提示された慰謝料を支払ってもらい請求は終了となります。中には示談書を書いたのに慰謝料の支払いをあとで拒む場合もありますから、その点には注意したほうが良いでしょう。支払いを拒否し続ける場合には弁護士に相談すると解決策もスムーズに提示さえるのではないでしょうか。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ