離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚と財産分与の種類

離婚と財産分与の種類

離婚を行う際にはただ単に離婚用紙に必要事項を記載して提出すれば解決となるわけではなく、そこには財産分与という非常にやっかいな問題が存在していることを忘れてはいけません。財産分与は結婚中に蓄えた財産を離婚時に分割するというだけでなく、離婚の状況によってはそれ以外の財産分与の支払いも発生することが考えられます。

 

基本的に財産分与には数種類の財産分与が存在しており、現在ある財産を分割する清算的財産分与、離婚する片側の生活が困窮する恐れがある場合に発生する扶養的財産分与、そして精神的苦痛を強いられていた場合に発生する慰謝料的財産分与の3つに財産分与の種類は分けられます。

 

まず清算的財産分与に関しては、結婚時に貯めた貯蓄や家財道具、家や車と言った財産を分与する方法です。この清算的財産分与に関しては、離婚原因の如何にかかわらず、均等に分配することが決められているため、不貞が原因の離婚であっても、暴力が原因の離婚であっても関係なく、財産は等分されることになります。どうやって分ければよいか分からない場合には、やはり弁護士の力を借りた方がスムーズに財産分与が行えるでしょう。扶養的財産分与は、離婚時に片側が病気や無職で収入が無い場合、離婚した後の生活が困窮することを防ぐために行われる財産分与方法です。

 

この場合、経済的に弱い立場の方に対して、一定期間生活費などを支払うと言った措置が講じられることが多く、通常であれば夫が妻へお金を支払う場合がほとんどですが、逆に妻がメインで働いていて夫が病気で働けないと言った場合には、妻から夫へ扶養金が支払われることもあります。この場合には経済的に弱い方が扶養金を一定期間受け取る形となるため、夫から妻という場合だけではないと言えます。もちろん扶養する必要性が無い場合には、この扶養的財産分与は行われませんので、全ての離婚で発生するわけではありません。扶養的財産分与が必要かどうかは、弁護士に相談すると分かるでしょう。

 

慰謝料的財産分与は、簡単に言えば慰謝料の請求のことで、この慰謝料の請求金額を財産分与と一緒に行う事があるため、慰謝料的財産分与と呼ばれています。

 

不貞や暴力などが原因で離婚になってしまった場合、不貞をされた側、暴力を振るわれた側は精神的、肉体的苦痛を受け続けていたことになります。通常はそれに対して慰謝料という名目で金銭を請求するのですが、不貞の場合には相手側の男性や女性に対して慰謝料を請求することになるため、自分の夫や妻への慰謝料請求に名なりません。しかし慰謝料的財産分与を請求した場合、財産分与の金銭などの中に慰謝料としての金額を盛り込むことで、慰謝料の代わりとするという意味合いが強い財産分与を行う事が可能になります。

 

精神的苦痛や肉体的苦痛は離婚後に時間が経過すればある程度の回復は可能ですが、結婚中に受け続けていた肉体的・精神的苦痛に対する慰謝料はやはり必要と言えます。

 

別途慰謝料を請求することも可能ではありますが、そのためには慰謝料請求の裁判が必要となりますし、時間もかかる場合が多いため、財産分与の金額に慰謝料も含むという形で金銭を請求する人が増えているようです。もちろんこの場合でもどれくらいの慰謝料を財産分与内に盛り込むべきかをはっきりさせる必要があるため、必ず弁護士に相談して離婚までの経過や現在の状態、財産がどれくらいあるのかなどを詳しく精査してもらう必要があるでしょう。

 

財産分与にも種類がありますし、知らずに離婚してしまうと本来貰えるものも貰わないまま離婚が成立してしまう事にもなりますので、離婚をする場合には必ずしっかりとした話し合いを持つことが重要となるでしょう。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ