離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 子の氏と戸籍について

子の氏と戸籍について

父母の離婚によって子どもの親権者が決まり、その親権者が旧姓に戻っても、子どもの氏が自動的に変わるわけではありません。つまり、父母が離婚した場合、子どもの氏は当然には変更されません。子どもの戸籍については手続をしなければ従前のままになりますので、自動的に親権者である親の戸籍に移動することはないということになります。また、子どもと親の氏が異なれば、当然、子どもは親の戸籍に入ることができません。親権者が母親である場合で、親権者である母親が旧姓に戻った時には親権者である母親と子どもの氏が異なることになります。

 

また、母親が婚姻中の氏を離婚後も使い続けるためには手続が必要です。離婚の日から3か月以内に離婚の際に称していた氏を称するための届出を役所に提出することにより、離婚後も婚姻中の氏を使い続けることができます。これについては元妻または元夫は元配偶者が婚姻中の氏を使い続けることを阻止することはできません。また、離婚の際に称していた氏を称したい人が、離婚の際に称していた氏を称する届出を行い、書面に署名押印をすれば婚姻中の氏を使い続けることができます。これには、理由は必要なく、届出だけでできるとされています。このことを婚氏続称の届け出を行うといいます。婚氏続称の届け出を行った場合であっても、婚姻中の氏と続称の手続をとった氏は、法律上は別の氏とされています。離婚を行ったことによる氏の区別と考えられます。呼び方は同じであっても、その親と子の氏は異なることになります。つまり、法律上は別の氏として扱われることになります。

 

このように子どもの氏については手続き上の決まりがありますので、離婚を行おうとする場合にはできるだけ早く弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は法律に関する専門知識を有しています。弁護士に相談することで、離婚について様々な手続きの具体的なアドバイスを行ってもらえます。また、慰謝料や養育費なども含めて総合的なアドバイスを行ってもらえます。親の籍に子どものを入れることについても相談にのってもらうこともできます。弁護士は法律の専門家として離婚時の手続きや離婚相手との話し合いなどをもつ際に適切な対応を行ってくれますので、離婚を考えている場合には早めに弁護士に相談することをおすすめします。

 

婚姻により氏を改めた親権者の母親は子どもに自分と同じ氏を名乗らせない限り、自分と同じ戸籍に子どもを入れることはできません。この場合、子どもは従前の戸籍に入ったままとなります。したがって、婚姻によって氏を改めた親が親権者となり、子どもを自分の戸籍に入れたい場合には、民法791条に基づいて、家庭裁判所に子の氏の変更許可を申し立てて、子どもの氏を自分の氏と同じにして、子どもを自分の戸籍に入れる必要があります。

 

また、母親が婚姻前の戸籍に復籍した場合で、親がその戸籍の筆頭者ではない場合には、子どもがその氏を変更し多としてもその戸籍に入れることにはなりません。この場合には、子どもの親を筆頭者とする新しい戸籍がつくられることになります。この点についても弁護士に相談することによって、弁護士は母親と同じ戸籍に子どもを入れるためのアドバイスを行ってくれます。戸籍は夫婦および夫婦と氏を同じにする子どもごとにつくられるものであるため、もし、親が復籍した場合、戸籍の筆頭者がその親の両親となった場合には、祖父母、母親、孫の三世代の戸籍になってしまいます。そうなると戸籍法に矛盾してしまうことになってしまうため、新しい戸籍を作ることになっています。

 

家庭裁判所による子どもの氏の変更許可を申し立てた場合にはこれだけでは子どもの氏変更の効力は生じません。母親が子どもが親の戸籍に入籍する旨の届け出をすることが必要で、この届出でもって子どもの氏の変更の効力が生じることとされています。

 

このように子どもの氏については手続き上の決まりがありますので、離婚を行おうとする場合にはできるだけ早く弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は法律に関する専門知識を有しています。弁護士に相談することで、離婚について様々な手続きの具体的なアドバイスを行ってもらえます。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ