離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚の弁護士費用の相場とは

離婚の弁護士費用の相場とは

日本では、離婚に発展する家庭が非常に増えてきています。離婚問題を考える場合、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することになるのが通常です。弁護士に依頼するとなると問題になるのが弁護士費用です。弁護士に依頼するということは普通は滅多にないことですから、弁護士費用がいくらかかるのか全く見当がつかないのが普通です。弁護士に依頼する場合に重要なのは、弁護士費用が請求内容に見合うかどうかという事です。例えば、慰謝料を請求しようと考えた場合、慰謝料の金額が少なく弁護士費用が高額で手元にお金が残らないといった状況になってしまっては、全く意味がありません。このような事態にならないための、弁護士費用の相場をご紹介します。

 

1 離婚にかかる弁護士費用の特徴

弁護士費用を考える場合に基準となるのが、相談料・着手金・報酬金の3つの項目です。さらにこの項目とは別に、離婚調停や離婚裁判に弁護士が出廷した 場合には、日当や交通費といった費用が別途請求されることになります。さらに、離婚問題を処理する場合には、こどもの親権や養育費、子供との面会交流 の取決めといった、子どもに関する問題を処理する場合には、追加料金を設定している弁護士事務所もあるので、追加費用がいくらかかるのかという点も注 意が必要な部分です。

 

また、離婚問題を処理していくには、離婚協議・離婚調停・離婚裁判とステップを踏みますが、その都度着手金が発生します。着手金も弁護士次第なので その都度確認する必要があります。

 

2 離婚問題の弁護士費用の相場

  一般的に離婚問題を弁護士に依頼する場合の相場は、次の通りです。

    ・離婚協議 着手金 20~30万円 

          報酬  20~30万円

    ・離婚調停 着手金 20~30万円

          報酬  30~40万円

    ・離婚裁判 着手金 30~40万円 

     報酬  40~50万円

    ・日当 1万円前後

といった相場です。

離婚裁判に至った場合には、勝訴すれば慰謝料などの請求額の10%を、弁護士費用として上乗せして支払うように判決が出ます。「訴訟費用」は全額敗訴した側が負担するのが原則ですが、その中に含まれるのは収入印紙代と郵便切手代、証人の旅費等であり、弁護士費用は訴訟費用ではないことに注意が必要です。全額が訴訟相手から支払われるというわけではありません。

 

4 インターネットを活用した情報収集

裁判費用の相場は先に挙げたのはあくまで例示であって、都道府県によっても異なってきます。大まかな標準金額を表すことはできますが、詳細はそれぞ れの地域で確認するのが一番です。その際に便利なのがインターネットを利用した相場を知る方法です。

 

インターネットであれば、地域ごとの弁護士費用の違いが詳細に掲載されていたり、弁護士事務所のホームページ上であれば、その弁護士に依頼した場合 のかかる費用を詳細に掲載してくれているので、弁護士事務所へ相談に行く前に、かかる費用の大まかな金額を把握することもできます。弁護士費用は高額 ですし、離婚後の生活もしっかり考えていく必要があるので、少しでも弁護士費用を抑える努力をするという事も重要なことです。

 

5 まとめ

弁護士も多数の弁護士が存在します。弁護士に依頼する費用を安く抑えようとしすぎて、実力のない弁護士に依頼してしまっては本末転倒です。弁護士に 依頼する際にはインターネットや地元 の評判などを参考にして、決して金額だけで選ぶのではなく、確かな実績と、離婚問題に精通した弁護士に依頼する ことが非常に重要だと言えます。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ