離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 親権の判断基準

親権の判断基準

離婚というキーワードで日本の歴史を見ると、間違いなく数字上は増加傾向にあります。これまでの離婚は恥であるという文化から、欧米型の自由思想の流入によって日本人の意識は大きく変わったといえるでしょう。実際日本人の夫婦の離婚割合は2010年以降ではおよそ3組に1組が別れるという数値になっており、自分や近しい夫婦を加えると身近な問題であるとわかるでしょう。

 

こうした離婚に際してやはり一番重要なテーマとなるのが子供がいた場合の親権についてです。実際離婚率の増加に伴って弁護士にもこうした相談が多数寄せられており、最近の日本の世情を表すタームとなっています。

 

しかし、こうした親権を争う問題では、何が判断基準となっているかご存知でしょうか?

 

テレビドラマなどではセンセーショナルに描かれる事が多く、敏腕弁護士同士の知恵のぶつかり合いといったイメージが大きいですが、実際は子供の将来を大きく左右する問題のため非常に繊細に扱われます。

 

こうした親権を判断するのは家庭裁判所の調査官が行います。裁判所と言えば弁護士や裁判官が争う法定など裁判の風景を思い浮かべるでしょうが、家庭裁判所調査官の仕事は地道な家庭訪問や子供への日常場面での聞き取りなど予想外なほど法律といった言葉とはかけはなれたイメージで行われます。

 

家庭裁判所調査官は何度も自宅への家庭訪問や両親への質問、また必要であれば子供の通う幼稚園や学校などにも赴き情報を探っていきます。

 

しかし、こうした調査を通して感情的に判断するのではなく、家庭裁判所調査官が行う判断には明確な基準が設けられています。もちろん家庭裁判所調査官も人間なので、一切の私情が入り込まないといったことはなく、客観的なデータに反しても、感情的には別の決断を下すかも知れません。しかし、一番に重要なのが子供にとって適切な療育環境であるという客観的な証明であることは十分理解しておいて下さい。

 

まず重要なのが子供にとって適切な療育環境はどちらかという点です。これらは主観的な基準だと見えるかも知れませんが、子どもと過ごした時間や経済的状況など出来る限り私情の入り込まない数値的な情報で判断されます。

 

また子供の年齢によっては、聞き取りにより子ども自身の意見も大きな判断材料として扱われます。この子供の年齢は親権を判断する上で非常に重要なキーワードとなります。今述べたように子供が十分自分で判断出来る年齢であると認められた場合には意見が重要視されますし、小学校低学年などまだ判断を迫るには酷である、または適切な判断が出来ない年齢だと思われればその他の項目によって決定されます。

 

また他にも年齢が親権問題の最重要項目である理由が存在します。特に子供が乳幼児などといった場合には、子供の発育にとって母親の存在はなくてはならないものです。実際離婚裁判で弁護士が扱った事例を見ても、子供の年齢が低ければ低いほど母親が親権を獲得するケースがほとんどで、その比率は8割以上にもなります。

 

他にも当然両親の健康問題や精神面での問題、経済的事情や子供への愛情など数多くの項目を客観的に整理されます。

 

このように家庭裁判所調査官は子供の感情や療育環境、また経済的状況など様々な情報を考慮して親権がどちらに相応しいのかという判断を下します。

 

当然実際の裁判は両親や双方の弁護士同士の闘いという部分も大きいですが、親権においてこうした家庭裁判所調査官の調査結果が重要視されるのは言うまでもありません。

 

しかし、いくら自分が親権に相応しいと思っても、離婚裁判は水物なので万が一相手方に親権が渡ってしまわないとも限りません。

 

経済的理由により離婚の際に弁護士を立てるのは難しい場合でも、子供の将来のためにも自分の見方になってくれる心強い弁護士に依頼する事をオススメします。特に女性にとっては自分のパーソナルなトラブルを他人に深く知られるというのは非常に心労の大きなものですが、最近では女性には女性弁護士への依頼を優先的に行ってくれるケースも多いので、ぜひ諦めずに相談してみてください。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ