離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚方法や必要な手続き

離婚方法や必要な手続き

離婚という言葉は一般的であっても、離婚後の手続きまではあまり知られていないようです。離婚時の手続きは弁護士に相談しながら進められますが、その後の手続きは自分で行う必要があります。以下では離婚届けを提出した後に必要となる手続きを解説していきます。

 

最初に急いで行う必要があるのが、子供の手続きです。両親が離婚して子供を母親が引き取った場合、このままですと子供の戸籍は父親の戸籍に入ったままになっています。そこで母親の戸籍に移すためには、子の氏の変更許可申立書が必要になります。この場合は、夫と妻の戸籍謄本が必要になります。対象の家庭裁判所に行き、申立書を提出してください。許可が下りれば再場所から許可審判書がもらえますので、入籍届と合わせて役所に提出することで子供を母親の戸籍に移すことができます。戸籍の移動をまず行わないと各種の申請ができない場合もありますので、まずこれを一番に行うようにしましょう。

 

子供の手続きが終了したら、次は自分のお金の手続きです。今まで気にしていなかった、保険や年金の手続きも必要になりますので、忘れずに手続きをしてください。この場合も戸籍謄本が必要になります。離婚後新しい戸籍謄本ができるまで数週間の時間が必要です。このため後回しにしがちな公的な手続きも、必ず忘れずに行うようにしてください。とくに専業主婦でサラリーマンの夫の扶養に入っている場合などは国民年金に手続きを切り替えて自分で以後支払って行かなければなりません。普段気にしていなかったお金ですのでついそのまま忘れがちになってしまいますが、万一忘れてしまうとその後の年金額が減少されかねませんので、自分で必ず行うようにしましょう。

 

その次に公的な証明書類を修正しましょう。パスポートや各種免許も同様に戸籍謄本で再発行する必要があります。厳密にはパスポートは離婚時には氏名修正が可能ですが、ここでは再発行をお勧めしています。パスポートが必要となる入国審査の際に、なぜ氏名が変更されているのかを尋ねられることがあるからです。ただでさえ面倒な審査時に離婚の話を不慣れな言葉でしなければならないのは非常にストレスになります。そこで修正ではなく、再パスポートの再発行をしておきましょう。そうすれば細かな点でストレスを感じることは減ると思います。また、免許は運転免許だけでなく、各種の国家資格の免許も同様です。視覚によっては業務時に必ず提示する必要のある免許類もあると思います。その際に古い名前がいつまでも残っていることは業務の上でも避けたいのではないでしょうか。いずれにせよ戸籍謄本が発行されて以降の話になりますので、戸籍が切り替わったら謄本は大目に取得しておくことをお勧めします。

 

金融機関やクレジットカードの記載も変更が必要です。特にクレジットカードをサインで認証している方は、切り替えないといつまでも古い名義でサインをする必要がありいつまでも気分が切り替わらないのではないでしょうか。早めに切り替えるため、これも各種金融機関の窓口へ行って名義について相談しましょう。手続きに対して銀行ごとの書類を教えてくれます。クレジットカードについてはカード会社のサービスデスクへ電話してください。郵送で必要書類を贈ることで新しい名義へ切り替えることが可能です。

 

公共料金、新聞代金などの契約類のチェックも必要です。離婚に伴い自分が引っ越す場合なら構いませんが、公共料金を口座引き落としにしていると契約名義と異なる場合にトラブルになる可能性があります。大きなトラブルを避けるために、各種公共料金がどのように支払われているかを再度チェックしてみてください。

 

離婚後の手続きは、なかなか経験者が多くを語ってはくれません。プライベートなことですので同僚にも尋ねにくい物ではないでしょうか。特に自分が経験することになりそうだからといって、たとえ興味があっても周囲の経験者に聞き出すのもためらわれる話だと思います。以上の文章を参考にして漏れないように行動してください。その一方で金融機関への名義の修正などは必須の物事ですので、必ずするようにしましょう。たとえ本人出会ってもいつまでも古い名義の口座を使用することは許されていません。離婚時の手続きは弁護士に任せても構いませんが。離婚後の細かな手続きは必ず自分で速やかに行いましょう。

 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ