離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 請求できる養育費の適正額について

請求できる養育費の適正額について

"夫婦の間で子供を一人以上設けていた場合、離婚後に子供を引き取る側は、もう一方の元配偶者に対して、子供の養育や教育に掛かる費用として養育費を請求する権利が与えられています。

 

養育費とは、本来、夫婦が離婚せずに夫婦関係を続けていた場合、子供に対してかけることができる様々な費用を算出し、子供を引き取った側がその後も安定して子供を養育するために必要となる費用のことを指します。

 

養育費として認められている具体的な費用の名目としては、まず、子供の健全な成長に欠かすことができない衣類や食事、住居に掛かる費用が当てはまります。更に、子供に安定した教育を与える為の費用も養育費として認められており、例えば幼稚園や保育園に掛かる費用をはじめ、小学校など義務教育に掛かる費用や高校、大学など子供が自立した生活を送るまでに必要な全ての教育費が対象です。

 

更に、子供が健康を維持し安全な生活を送る上で必要な医療費も養育費の対象として請求が認められています。

 

ただし、養育費を実際に請求する際に注意しておきたいのが、この養育費については、適正額があらかじめ定められている一方、注意しておかなくてはいけない点が、生活レベルの違いも大きく影響するという点です。例えば、離婚した元夫婦の生活水準が比較的高いと認められた場合には、その生活水準の高さに応じた費用が養育費となります。逆に、生活レベルが平均的な夫婦や平均以下の夫婦の場合には、その生活水準の分だけ養育費も低くなります。

 

これは、養育費を請求され実際に支払う側の所得状況が勘案されている為です。

 

実際に請求できる養育費の適正額については、養育費を請求される側の収入状況によって大きく変化するのが一般的です。年収が高い人に対しては大きな金額が請求できる一方、年収額が低い人に対しては、その金額に応じた費用しか請求することができません。一般的な養育費の適正額としては、子供が一人の場合を例に挙げると、おおよそ月5万円程度の金額が適性です。

 

 

これは、養育費を支払う側の年収額が平均500万円以上ある事、養育費を受け取る側に年収が0円の際に算出されている適正額であり、例えば、養育費を受け取る側にも相応の年収があれば、5万円という金額から減額されます。

 

また、養育費の対象となる子供の年齢によっても金額が増加し、子供の年齢が高くなるほど養育費も加算されるのが一般的です。これは、成長に伴って、子供に掛かる食費など様々な費用が増加するためで、年齢に応じて金額を加算して請求することができます。子供が幼児の頃は5万円だった金額も、年齢の上昇に応じてより高い金額を請求することができ、子供が高校生でおよそ10万円程度が適性とされています。

 

また、子供の人数に応じて養育費も上昇します。夫婦間の子供が二人だった場合、離婚後に請求できる養育費としては、月10万円前後の金額が適性とされています。以後、子供が一人増える度に4万円から5万円程度の金額を毎月の費用として加算することができます。

 

適正額自体はある程度設けられていますが、相手の年収状況や子供の人数、年齢や生活レベルなど様々な要件によって金額自体が必ずしも一定しないため、具体的な養育費の算出は、夫婦間の交渉による方法であったり、第三者として裁判所を通じた調停などを行い、具体的な金額を算出して貰うという方法が一般的です。

 

裁判を通じる場合には弁護士を必ず立てる必要がありますが、個人間での交渉を行う場合にも、弁護士を建てることによって円滑な形で離婚や養育費に関する話し合いを行う事ができます。

 

ただし、養育費に関しては、養育費を支払う側の収入状況にも大きく影響する上、支払う側の善意に基づいた費用であるため、場合によっては養育費の請求が認められたにもかかわらず、正しく支払われないといった問題が発生することがあります。こういった場合、法律の専門家である弁護士を通じて交渉を行ったり代理人として建てることにより、法律に基づいた性急を行う事ができます。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ