離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 不倫で離婚や慰謝料を請求する方法

不倫で離婚や慰謝料を請求する方法

離婚の際に、相手に原因がある場合、慰謝料を請求することができます。例えば、相手が浮気した場合や、モラルハラスメントをした場合などです。慰謝料の目的は精神的な苦痛を和らげることです。男性に非がある場合は男性から女性に、女性に非がある場合は女性から男性に慰謝料を払う形になります。話し合いでの離婚の場合、まず相談で慰謝料を決めることになります。例えば男性側の浮気の場合、結婚した期間にもよりますが2-300万円が標準的なところです。この金額で双方が納得できるならば、慰謝料を支払い、離婚届を記載して提出すれば離婚が成立することになります。

 

お金について後から一方的に巻き上げられた、といわれることや、税金の問い合わせなどが来ることがありますから、簡易的なもので構いませんので書面に残すことをお勧めします。さらに、現金のやり取りは避け、必ず振込にしましょう。現金のやり取りに不慣れな方ですと、いきなり現金を持参して受取証ももらわない方がいらっしゃいます。このやり方ですと、現金をもらった方が受け取りを否定してしまうと慰謝料を支払った形跡が全く残らなくなってしまいます。万一その後裁判になった場合、再度の慰謝料を支払う必要が出てきてしまいます。どちらからどちらに、いくらの慰謝料が支払われたかの点についてしっかり書類が残るようにしましょう。

 

話し合いで離婚の話がまとまらなかった場合、調停に進むことになります。この場合個人で行うことも可能ですが、弁護士に相談することをお勧めします。調停員も法律家の手伝いを勧めてくると思います。これは個人でやると手続きに不慣れなため、肝心の離婚条件などの内容以前の点で間違いやすいということです。相手への主張をいつするのか、といった手続き面での間違いを減らし、スムーズに交渉に入るためにも離婚調停時には弁護士をお勧めします。

 

慰謝料が発生する場合はこの段階で、証拠や金額について交渉することになります。例えば不倫についての調停の場合、通常ですと2-300万円が慰謝料の目安ですが、それ以上の理由があれば更なる高額を要求することも可能です。例えば不倫の期間が長期に渡っているであるとか、不倫期間が長いことを示す証拠が明確にあるなどの法律的な証拠の集め方が重要になってきます。

 

経験を積んだ弁護士であれば、この段階に至るまでにどのような証拠が将来的に必要になるかを十分承知していますので、慌ててかき集める必要は既にないと思います。相手に非があって離婚を決意した場合、相手の行動をいきなり問い詰めるのではなく、ある程度将来を見据えて確固たる証拠を集めておくことが必要です。暴力の治療履歴や、毎日の日記などもれっきとした証拠になりますので、大変な毎日の中でも記録に残すことが重要になってきます。

 

離婚の際に弁護士を利用するメリットは、慰謝料の額を上げることももちろんですが、各種手続きについて常に相談できるパートナーを持てるということです。何度も離婚する方は少ないと思いますので、離婚手続きに慣れているという方は少ないのではないでしょうか。実際にどのタイミングで相手に離婚を打ち明け、慰謝料を請求し、話しがまとまらないのであれば調停に持ち込む。このタイミングやもって行き方を間違えるとまとまる話もまとまらなくなってしまいます。

 

相手を常に疑いながら、各種手続きを一人で作業するのはとても大変なことです。トラブルの際に、自分以外に自分のことを考えてくれる味方が入れてくれる、それだけでも弁護士を使うメリットはご理解いただけるのではないでしょうか。その上で、さらに個別の案件に対応して、慰謝料を高く請求したり、相手との接触禁止を明示したりと、事情にあった条件を引き出すことも可能になります。慰謝料が必要な離婚案件は方法をしっかりと間違えないためにも、弁護士に相談することをお勧めしています。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ