離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 調停離婚と裁判離婚の違い

調停離婚と裁判離婚の違い

"離婚をする際に調停離婚と裁判離婚は裁判所や弁護士が当事者である夫婦の間に入って手続きが進められる為に、どちらも似たような離婚手続きと思われがちですが、調停離婚と裁判離婚では性質がまったく異なってきます。

 

今回は調停離婚と裁判離婚の違いについて詳しくご説明させていただきます。

 

■調停離婚と裁判離婚は性質が異なります

 

混同されがちな調停離婚と裁判離婚ですが、裁判所による効力が発揮される裁判離婚と違い、調停離婚は裁判所の効力は一切関与しませんので、調停離婚と裁判離婚はまったく性質が異なります。

 

中には調停離婚に相当するケースでも、当事者である夫婦の配偶者のどちらか一人が行方不明になっている場合には調停離婚ではなく初めから裁判離婚を行うケースもあるのですが、これは夫婦の内どちらか一人が行方が分からない為に裁判離婚となる特異なケースでもあります。

 

裁判所による効力は関係しない調停離婚ですが、調停離婚についても裁判離婚と同様に裁判所への申し立てを行う性質があるので、「何か大きな事件に離婚が発展してしまうのでは」、「弁護士に依頼をしなければならないだろうか」と不安になりがちです。

 

しかしもし協議離婚において話がこじれてしまい、調停離婚や裁判離婚となってしまうようなケースでは弁護士に相談をした上で裁判所へ申し立てを行う事をおすすめします。

 

また、裁判所には離婚問題の相談に対応してくれる家事相談室という担当部署がありますので、調停離婚をする際に疑問点がある場合や不安がある場合には弁護士以外にも家事相談室を利用して疑問や不安を無くし、調停離婚について理解を深めておくのが良いでしょう。

 

 

■調停離婚は裁判ではありません

 

裁判離婚の場合には、離婚をする当事者である夫婦の間に裁判所の裁判官が入り、裁判官の判断の下で強制力を持った判決が下されるのですが、裁判所の裁判官が夫婦の間に入って行う調停離婚では形式こそ裁判離婚と同じように見えても裁判所の法的な強制力はまったくありません。

調停離婚において目指す所はあくまでも「夫婦が最終的に離婚の合意に至る事」です。

 

 

■調停離婚をした方が良いケースとは

 

離婚をする夫婦が協議離婚を行っていて、話がこじれてしまうケースは良くあります。

 

離婚をする夫婦がこれからのそれぞれの未来に向かって良い形となるように離婚を進めてゆくのが協議離婚なのですが、協議離婚を円滑に進めてゆく際に慰謝料の支払いや夫婦の財産の分与、そして子供の親権の問題や養育費の支払いなど、金銭的な問題が絡んでしまい協議離婚が破綻してしまうケースがあるのです。

 

そのようなケースでは弁護士に相談した上での調停離婚に移行される事をおすすめします。弁護士に相談した上で協議離婚から調停離婚へ移行するべき理由としては、夫婦双方での話し合いとなる協議離婚がまとまらない、という事は、「夫婦二人だけでの話し合いでは離婚がまとまらない」という事でもあるからです。

 

協議離婚から調停離婚へ移行する場合には裁判所へ調停離婚の手続き開始の申し立てを行う必要があり、その際に弁護士を利用して調停離婚の申し立て手続きを代行してもらう事も出来ます。

 

協議離婚から調停離婚へと移行した場合では、裁判所の調停員が離婚をする夫婦の間に入って双方の言い分を詳しく聞き、離婚における問題を整理しながら離婚を前向きに進めてゆけるように調停を行ってゆく流れとなります。

 

以上のように協議離婚で夫婦間の話し合いが決裂したりこじれてしまった場合には、まず弁護士に相談した上で裁判所へ調停離婚の申し立てを行い、協議離婚から調停離婚へと移行する事をおすすめします。

法律の専門家である弁護士に相談する事で双方の離婚に対する不安が軽減する効果も期待出来ます。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ