離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 離婚の原因となる不貞行為の証拠とは?

離婚の原因となる不貞行為の証拠とは?

"離婚の原因を証明できる不貞行為の証拠は、普段皆さんが思っているような証拠とは少し違ってきます。

メール、ライン、隣に写っている写真などやホテルの領収書等ではなかなか不貞行為の写真にはなりません。

なぜなら不貞行為の証拠になるような物は、第三者が一目見ても不貞行為と見えるものではなくては不貞行為の証拠にはならないのです。

ですので不貞行為は立証できず、そしてそれだけでは離婚も出来ません。

もちろん、弁護士に依頼した所でそれは変わりません。

ではどうすれば離婚の原因となる弁護士にも持っていけるような不貞行為の証拠を取れるのでしょうか?

 

1.浮気相手とホテルから出てくる写真(はっきりと写っているのが前提です)

ホテルもラブホテルがベストですがラブホテルでも何度か証拠の写真が必要です。

2.旅館から出てくる写真

旅館から出てくる、一緒に旅行をした証拠の写真があると一度の証拠の写真で大丈夫です。

なぜなら旅行はかなり親しい人とでないと行かないという認識が一般的にあるからです。

領収書、台帳のコピーなどがあればベストです。

と、このふたつが不貞行為の証拠としてはベストですが録音、録画や第三者の証言なども場合によっては不貞行為の証拠になります。

ですが色々と条件がある為に、上記のふたつが簡単です。

 

なぜそこまでの証拠がないといけないかというと、不貞行為だ!とこちらが一方的に証拠を出しても、相手が言い逃れが出来てしまうからです。

メールも「それは俺が送ったのではない」レシートも「それは私のレシートじゃない」等と簡単に言い訳で来ますよね。

確実に誰が見ても、浮気していることが解らないとなかなか難しいのです。

全く不貞行為の証拠がなくても、引き受けてくれる弁護士さんもなかなかいないのではないでしょうか?

まずは不貞行為の証拠が必要になってきます。

そしてそれが原因で離婚となる訳ですから、当然相手にも離婚の原因となる浮気の慰謝料を請求出来ますし、自分にとっても有利な離婚が出来ます。

その上、浮気相手にも慰謝料を請求出来ますのでここは是非しっかりとした証拠をまず押さえることです。

浮気している曜日や時間帯が解れば、興信所などに頼むと日にちが解っている分安く依頼する事が出来たりもします。

まずは自分でいつ、何曜日の何時に浮気しているのかを相手を泳がせておいてから証拠を掴む事をお勧めします。

 

浮気の原因で離婚するとなれば、やはり慰謝料なのですがこの不貞行為の証拠を取っておくのと何もないのとでは慰謝料の金額、そして実際に取れる慰謝料の金額にかなりの差が出てしまいます。

ここで相手が言い逃れできるような証拠であれば、いくらでも言い訳して向こうも出来るだけ慰謝料を払いたくないのであの手この手でいくらでも言い訳してきて、逆にあなたの事をあら捜しして逆に慰謝料を取ろうと考える人も居ます。

今まで一緒に生活してきたのに・・・と言っても大きなお金が絡んだらやはり人間ですから化けの皮がはがれる事もあります。

そうなる前に、しっかりと証拠を掴み、しっかり探した離婚に強い弁護士に証拠を持って依頼する事が1番効果があり、かつ慰謝料もしっかりととる事が出来ると考えておいて下さい。

 

不貞行為の写真等をけちって自分で撮ろうとする事は止めて置きましょう。

ばれてしまったら、もう二度と不貞行為の写真は取れないかも知れない上にその場でお互いに感情的になってしまい、罵倒、暴力などを振るってしまったらどれだけ弁護士が頑張ってもそれだけ慰謝料も減額してしまうと心得ておいて下さい。

弁護士はしっかりとした証拠を持って行くと、あなたの有利なようにしっかりと仕事してくれます。

弁護士に頼んだら全てやってくれると言うのではなく、弁護士にしっかりとした証拠を初めに持っていくことで後は任せられるのですよ。"

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ