離婚 弁護士|弁護士による離婚相談 東京リード法律事務所

弁護士による離婚相談40年以上の信頼と実績による離婚相談 運営:東京リード法律事務所  淡路町駅徒歩5分 神田駅徒歩5分

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • アクセス
03-3258-8550お気軽にお問い合わせください  受付時間 9:00~17:30(平日)
  • HOME
  • 浮気相手に対する慰謝料請求について

浮気相手に対する慰謝料請求について

sitai.jpg

慰謝料請求をしたい方への応援を強化しています!

夫婦の一方による不貞行為に対し、損害を被った配偶者は貞操義務違反で配偶者と異性の愛人に対し、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として損害賠償請求ができます。
この場合、不貞行為自体に違法性があるとした慰謝料の請求が認められています。


しかし、腕に夫婦関係が破綻している場合には、その後に配偶者が異性と行った不貞行為については、不貞行為と夫婦関係の破綻の間に因果関係が認められないため、配偶者は不貞行為を理由とする慰謝料請求を行うことはできません。

別居中に限らず、同居中も既に家庭内別居状態であると客観的な判断がつく場合には、破綻後の関係とみなされるため、慰謝料請求は認められない場合もあります。さらに、不貞行為の相手方結婚をしていることを知ることができなかったことについて過失がない場合や、不貞行為の配偶者が不貞行為の相手方に対し、暴力や脅迫による関係性を持った場合、愛人に対して慰謝料請求を行うことは適切性を欠くと考えられています。
 

慰謝料請求の金額は・・・


不貞行為の相手方に対する慰謝料請求の金額には算定基準はないため、具体的な相場が決まっていません。慰謝料の金額については、不貞行為による損害の程度や個々の事情が考慮されて決められています。

慰謝料の算定に考慮される個別具体的・総合的に判断し、裁判官が金額を決定します。慰謝料請求は離婚をしなくても請求はできます。しかし、離婚により慰謝料が高くなる傾向があるといえます。しかし不貞行為の相手方に支払い能力がなければ、離婚などで裁判で支払命令が出たとしても支払いは望めない可能性が高いといえます。

裁判は証拠主義です。不貞行為の証拠が不十分であれば、慰謝料の請求ができない場合もあります。また、反対に愛人から名誉毀損で慰謝料請求される可能性もありますので、証拠を集めることが必要となります。訴訟には、愛人の現住所や連絡先なども判明される必要があります。

このように、不貞行為の相手方や不貞行為を行った配偶者に対し、配偶者は精神的苦痛による損害賠償を行うことができます。しかし、不貞行為の相手方が不倫という行為に対して軽く考えている場合などには、妻または夫が慰謝料請求をしても話し合いにも応じないということがあります・・・。
 

進まない時は・・・


配偶者が不貞行為を行っている場合に損害請求や離婚を考える場合には、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は不貞行為による損害賠償請求など、法律家として、専門的な知識を持ち、不貞行為による損害賠償請求や離婚などに関するアドバイスを行うことができます。配偶者の不貞行為や離婚について悩んでいる場合には早めに相談しておくことをおすすめします。

不貞行為の相手方が話し合いにも応じない場合には弁護士から内容証明郵便などの文書が届けば相手方も対応を変えざるを得ないでしょう。被害者が一人で慰謝料を請求しようとしても拒絶された場合の対応など、困難な場面に遭遇することもあり得ます。一人で交渉することは精神的苦痛を伴い、経済的にも負担が大きなものになるといえます。そのような時、弁護士に依頼することでこれらの負担軽減を図ることができます。弁護士による交渉が相手方の反省と適切な慰謝料獲得につながります。このように、弁護士に依頼することで安心して慰謝料請求を行うことになり、弁護士依頼にはメリットが多いといえます。

 

このように、夫婦の一方による不貞行為に対して、損害を被った配偶者が貞操義務違反で配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として損害賠償請求ができます。この場合、不貞行為自体に違法性があるとした慰謝料の請求が認められています。配偶者の不貞行為による相手方への損害請求や離婚を考える場合には、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は不貞行為による損害賠償請求など、法律家として、専門的な知識を持ち、不貞行為による損害賠償請求や離婚などに関するアドバイスを行うことができます。

 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい!

ImgTop5.jpg

解決事例
ご相談の流れ 事務所紹介
弁護士紹介 弁護士費用 ●アクセスマップ